バンビミルクの使い方のコツは『お風呂上がり』のマッサージ

バンビミルク 美容全般

バンビミルクって使い方に何か面倒な決まりごととかない?使えばジワッと熱く感じるマッサージミルク。それだけに何か面倒なこととか無いのか気になりました。
 
マッサージも続ければ続けるほど効果を実感しやすくなります。そのためにバンビミルクの使い方は重要ポイントですね。
 
今回は、バンビミルクの使い方口コミについて検証したので、その結果をご紹介します!
 

バンビミルクの使い方はこちら
▼ ▼ ▼ ▼


 
 

バンビミルクって塗るだけでいいの?使い方のコツをご紹介

冬に限らずお肌の乾燥は美容の大敵ですから、ボディークリーム等で保湿を心がけている方も多いのではないでしょうか。

 
バンビミルクはボディークリームと置き換えるだけで更にしっとりとした柔らかお肌を目指せます。

 
調べてみたところ、バンビミルクは使い方も簡単なので安心して気軽に試せることがわかりました。

 
「温感マッサージクリーム」の名前の通り、塗った部分がじっくりと温めてくれます。しかも気になる使い方も、テクスチャーがボディクリーム状なので伸びが良いので、とても使いやすいんです。

 
なので、温熱効果だけでなく伸びが良いのでとてもマッサージクリームとしても最適♪マッサージもしやすいので、より効果的に筋肉をほぐし、セルライトをできにくくする効果があるわけです。

 
もちろん、すでに出来てしまったセルライトも、バンビミルクを使った温感マッサージによるケアで、じんわりじわじわと柔らかくしていくことも可能。

 
セルライトは冷えると固まってしまいます!寒い季節のみならず冷房が効きすぎてツライ夏のシーズンにもバンビミルクは活躍してくれますよ♪

 

バンビミルクの使い方のポイントとしては、体が温まっている所でバンビミルクを使用すると、冷える時間が無くなるので効果的です。

 

バンビミルクを使うタイミング

具体的に言うならば入浴した後のタイミングが、最も望ましいでしょう。

 
入浴中に気になる部分をマッサージしておく、入浴剤や温泉など保温効果が高いお湯につかって、お風呂上がりに使うという方法です。このバンビミルクの使い方なら更に効果を高めます。

 
また、全身を手でマッサージするのは非常に疲れますので、バンビミルクを塗った後に電動・主導のマッサージ機(マッサージ器)をつかうと、ムラなく効果を発揮できそうですね!

 
ホワイトブーケの柔らかな香りも、エステに通っているような気分になれてリラックス効果が見込めます。

 
具体的なバンビミルクの使い方をイラストでチェック出来ます。

 ⇒ 超温感ボディクリーム・バンビミルクの使い方を早速ためしてみる!

 

熱いのはなぜ?熱すぎるときや熱くならない原因と対策

ポカポカ成分で植物由来というと、唐辛子に含まれる成分・「カプサイシン」が有名ですが肌に付けるとなると刺激が強すぎて心配です。

 
バンビミルクが塗ると熱いと感じる理由は、配合されている「バニリルブチル」という成分で、バニラ種子から抽出されます。

 
バニリルブチルはカプサイシンと同様に血行促進ならびに脂肪燃焼効果を持ちますが、肌への刺激は低く、現在エステサロンなどでも人気の成分になっています。

 

バンビミルクが熱い!熱すぎる時にはどうしたらいい?

人の体は適温以上に温まってしまうと、痛みや痒みを生じてしまいますが、バンビミルクでもそのようなことは起こりうるのでしょうか。

 
基本的にはバンビミルクに配合されているバニリルブチルは適量で、熱すぎない程度に抑えられていますが、熱くなりすぎてしまうのには理由があります。

 

熱いと感じがちな理由
■バンビミルクの温感効果は塗ってから数分後にジワジワ発揮されますので、その間に「熱くないな」と思って塗りすぎてしまう。
 
■お風呂でユデダコレベルまでぽっかぽっかしたのち、湯上りですぐに塗ってしまう。

 
対策としては簡単で、はじめは温感効果の様子を見ながら少量ずつ塗っていくこと、入浴後ゆだってしまったと思ったら冷えない程度に体の熱を下げてから塗ることです。

 

熱くないな…と思ったときは

反対にバンビミルクを塗っても熱くないと思った時には、少し量を増やす、もう少し湯船でからだを温めてから使うという方法で対策を取りましょう。

 

バンビミルクの口コミは良いの?悪いの?

バンビミルクの口コミにはよいものも悪いものもありますが、正直にお伝えしますね。

 

バンビミルクの高評価の口コミ

バンビミルクの口コミは全体を総括すると良い口コミの方が多いので、さらっと紹介していきます。

 
まず、試し塗りをしてみた人は、翌朝塗ってみた所だけスッキリとしたラインになっていと喜んでいました。

 
また、毎日数ヶ月続けていたという女性は、セルライトのぼこぼこがかなり薄くなって、鏡で後姿を見るのが楽しいとのことです。もちろん、肌にも優しくすべすべになるなど、期待して以上に効果ありと判断している人が多い印象でした。

 

バンビミルクの定評の口コミ

少数ながら見られる悪い口コミの代表は、足が細くならない、効果なし!というものでしたが、やはり使用期間が短い人や、使っていてもサボりがちな人に多いようです。

 
また、熱くなりすぎる、痒いという口コミも投稿されているのですが、これはポカポカ成分に由来します。

 
とはいっても現在のバンビミルクはリニューアルされていて、先ほど紹介したバニリルブチルにポカポカ成分を変更しています。

 
バンビミルクの口コミにはリニューアル前のものも大分混ざっているので、そのあたりを差し引いて参考にすると間違いがないでしょう。

 

バンビミルクとバンビウォーターってどう違うの?

バンビミルクと同じシリーズでバンビウォーターという商品がありますが、違いは何でしょうか。

 
正直、ポカポカ成分のバニリルブチルやボタニカルハーブエキスにはほとんど違いがありません。でも、「ミルク」と「ウォーター」というテクスチャー以外にも、違いがあるので比較してみましょう。

 

保湿力なら断然バンビミルク

バンビミルクに配合されている保湿成分の高級シアバターと高保湿セラミドはバンビウォーターにはない成分です。

 
その分、しっとりとしたテクスチャーとなり、乾燥肌が気になる人には打ってつけな一方、肌への浸透がすぐれているのはバンビウォーターです。

 
まとめるとしっとり感を重視したい人はバンビミルクが、さっぱりとした使用感を大切にする人にはバンビウォーターがオススメ、といったところです。

 

香り

バンビシリーズにはいくつかのライン商品がありますが、その中で唯一バンビミルクにはホワイトブーケの香りがついています。

 
バンビウォーターは香りがありませんので、無香料がお好みの人にはバンビウォーターの方がおすすめです。
 ⇒ 超温感マッサージジェル・バンビウォーターを見てみる

 

ドンキホーテでも好評発売中!?でもやっぱり安心な販売店は…

バンビミルクを購入したいと思ったら通販限定!と、思っていたのですが、そんなことはなく、ドンキホーテやロフトといった量販店で普通に購入することが可能です。

 
こういう商品で市販されているのは大変珍しいケースですね。でも、ドンキやロフトが近所になくてお買い物に行くには遠いという人、しかも販売店によっては必ずしも取り扱っているとは限らない、といった事情もあります。

 
そんな時でも、バンビミルクは通販サイトで購入できますから、非常に心強いですよね。

 
実際、楽天市場のランキングでも2017年の上半期では6部門もトップを飾っていますから、比較的入手はしやすいです。

 
しかし、ここはやはり公式サイトでの購入を大プッシュしていきたいところです。

 

バンビミルクの公式サイトがお勧めな理由
■2か月分(2本)分のお値段が通常4,450円のところが3,700円(いずれも税別)で購入できるうえ、送料もかかりません。
 
■25日間返金保証制度もついているという大盤振る舞いをリニューアル記念キャンペーンで実施しているからです。

 
万が一、お肌に合わなかったとしても楽天の出品店やドンキなどの小売店が開封済みの商品の返金を受け付けてくれますか?くれませんよね。

 
市場の動向を見ていると、いまだ旧版も出回っているようですから、配合成分が改善された新盤と勘違いして購入してしまうおそれもあります。

 
リニューアル後、生まれ変わったバンビミルクを安心安全に購入するなら、公式サイトがやはり最適でしょう!

 
 ⇒ バンビミルクがお得に手に入る公式サイトはこちら

 
 

タイトルとURLをコピーしました