ちょこまか動きダイエットとダイエットのコツ

ダイエットのために運動をしたいけれど、なかなか運動する時間が取れない!

何かと忙しい毎日なので、運動の重要性は分かってはいるけれど…ですよね。特に運動する習慣が無くなっていると余計に難しいものです。


忙しい毎日

今回はそういう時にこそ試してほしい『ちょこまか動きダイエット』をご紹介します!

ちょこまか動きダイエットとは

ちょこちょこダイエットとかちょこまかダイエット、ちょこまか動きダイエットと、色々な言い方があります。


基本的には普段の動きをちょっと多めに増やす感じからスタート!


以前、たしかNHKのためしてガッテンという番組だったかで見た記憶があります。でも色々なダイエット方法を紹介しているTV番組は多いのですが、あぁいう番組って見た直後はやる気スイッチが入ったのでやる気満々!


でも、正直、なかなか続かないですよね。

日常生活に溶け込ませる

新たに「運動するぞ!」と思ってもなかかな習慣づけは難しいです。


そういう時は何気なく日常生活に溶け込ませるのが良いようです。


私達は普段なにかと忙しいので、出来るだけ効率良く仕事をこなそうとします。それはそれで良いのですが、ちょこまか動きダイエットに関してはわざと非効率にすると良いかも。


例えば、食事の支度をする時に包丁で何か切ったり揚げ物や炒めものを作る時は危険なので無理ですが、煮物をしているけどその場を離れられない時などは、かかと落としが簡単にできてオススメです。


やり方は簡単で、つま先立ちをして出来るだけ背伸びをしたら、トン!と両足のかかとを落とします。それをトン!トン!とリズミカルにかかとを落とすのを繰り返すだけです。


探してみたら、かかと落とし運動についてもいくつか動画が発表されていました。


食事の用意が出来て食卓に運ぶ時に、効率よくお盆に乗せてたくさん運ぶのではなく、片手に一つずつ持って、何度もキッチンと食卓を行ったり来たり。

洗濯物を干しながらスクワット

洗濯物を干す時、台とかに洗濯物をいれたかごを乗せて干すと、効率よくパッパッと干せますが、ちょこまか動きダイエットをするのなら、床や地面に置き、ひとつひとつをスクワットする感じでカゴから取り出し、干す。


洗濯物を干す時も運動タイム


スクワットといえば、歯磨きする時や髪を乾かす時も、それぞれスクワットタイムにすれば良いですね。


誰かに「あれ持ってきてくれない?」とか頼まれたら、『自分で持ってくれば良いのに~』と思わず、ダイエットチャンスと思って取りに行くと人間関係も円満、自分の体もスリムを目指すチャンスが広がります。


このように、ちょっと考え方を変えると周り中にダイエットチャンスがいっぱい転がっていますよ!


また、雨の日でも自宅で気軽に出来る運動として、その場足踏みや踏み台昇降運動もありますね。スローステップ運動とも言います。



こちらの動画なら音楽に合わせてリズミカルにできますし、慣れてきたらテレビを見ながらでも出来ますね♪


これまた、かつて見たためしてガッテンで放送した内容をもとに書いた記事ですが、以前書いたので参考にしてください。


 ⇒ フミッパーは効果的に踏み台昇降のやり方が出来るの?

ちょこまか動きダイエットはサプリのお供!?

ちょこまか動きダイエットは、たとえばダイエットサプリを購入した時などにもオススメです。

ダイエットサプリは痩せ薬じゃない

というのも、ダイエットサプリって何度もお伝えしていますが、痩せ薬ではありません。というか、痩せ薬ってあるのかどうかもわかりませんが…。


逆に飲んだだけでスルスルっと痩せたら逆に健康を害する危険もあるので、そういうのは飲みたくないですよね。


あくまでも、ダイエットサプリは、適度な運動や食事の見直しをした上でダイエットを加速するために、また痩せやすい体質を目指すために活用します。


ダイエットサプリと運動


出来るならしっかりと運動したいけれど、そもそも運動の習慣が無くなっているとなかなか長続きしません。


だからこそ、サプリを飲み始めて運動する時間が取れないのなら、ちょこまか動きダイエットを意識しましょう♪


また、最近ダイエットのために食べる量を減らしていたのに、サプリを飲んでいるんだからと安心感もあり、自分では食べていないつもりでも、気がついたらサプリを飲み始める前よりも食べていた…ということもよくある話です。

レコーディングダイエットで自分の行動を見つめ直す

そういう時は、レコーディングダイエットも併用すると良いですね。


紙にメモ的に書いても良いし、スマホにメモしても良いし、スマホといえばレコーディングダイエットをしやすくするアプリもあります。


最近の人気アプリのベスト10を紹介しているサイトがありました。

 ⇒ 【2019年】食事の管理/記録(レコーディングダイエット) アプリランキング TOP10