キューティクル60の使い方をご紹介! ※美髪を目指せるドライヤー

キューティクル60 ヘアケア

キューティクル60は使い方にちょっと戸惑いそうなドライヤーです。というのも、、
 
こんな形のドライヤーなんです。
 

▼ 頭皮までケアできる復元ドライヤー ▼
キューティクル60

 
 
世界初の遠赤外線ヒーターでヘアケアとスカルプケアが同時にできるキューティクル60。

 
マイナスイオンの風、そしてカーボン全体から放出される遠赤外線によってあなたの大切な髪を傷めないで、必要な水分は残しながら乾かしていきます。

 
詳しくみてみましょう!

 

キューティクル60ならではの使い方をご紹介!

キューティクル60はどのような使い方をするドライヤーなのでしょうか?

 
購入を検討するにあたって、市販されている一般的なドライヤーとの使用方法の違いを知りたいという方もいるでしょう。

 
キューティクル60は熱風を髪の毛に当てるのではなく、遠赤外線ヒーターの力で乾かすドライヤーです。

 
キューティクル60

 
遠赤外線の放射熱を利用しているので、頭皮に密着させるという独自の使い方ができます。

 
そのため、ドライヤーのブローの熱さが苦手だと感じている方でも使いやすい製品と言えますね♪

 
しかも、

キューティクル60は3モード
■敏感肌の人でも使いやすいLOWモード
■力強くヘアドライができるHIGHモード
■頭皮の毛穴・毛髪の引き締めに活用できるCOOLモード

 
という3つのモードを切り替えて使うことができます。

 
切り替えはボタン1つで完結するので、初めて使う人でも安心です。

 
また、頭皮に密着させて使えるという特徴を活かした、他のドライヤーにはないオプションも付いてきます。

 
それがシリコン製のブラシです。

 
キューティクル60

 

キューティクル60に直接取り付けられる付属品で、髪を乾かすと同時に指圧のような刺激を頭皮に与えることができます。

 
髪の乾燥というドライヤー本来の役割に加えて、頭皮ケアに役立つ使い方もできるわけです。

 
 ⇒ キューティクル60についてもっと詳しく!

 

キューティクル60に期待できる効果って?

キューティクル60はどのような働きをするドライヤーなのでしょうか?

 
遠赤外線ヒーターを採用した独自の製品であることは紹介しましたが、具体的にどんな効果が期待できるのかもぜひ知っておきたいところです。

 
キューティクル60はどのモードで使用した場合でもマイナスイオンが放出されます。

 
マイナスイオンを放出するドライヤーは指通りをスムーズにする、髪の艶を出すなどのメリットが知られているアイテムです。

 
しかも髪の水分を適度にキープしてくれるので、使用後のパサつきも気になりにくくなります。

 
一般的なドライヤーだと、高温の熱風で乾かすために髪の毛の中必要な水分まで取ってしまうこともあり、パサツキの原因になりがちなのでドライヤーで乾かすたびに髪の毛を傷めてしまいがち。

 
その点、キューティクル60なら使えば使うほど髪に艶がでるので、健やかな髪の毛を維持したい人にとっては非常に魅力的なポイントではないでしょうか。

 
また、キューティクル60は遠赤外線ヒーターによる温熱効果も期待できます。遠赤外線で乾かすので、頭皮の奥深くまで温熱効果が浸透する仕組みです。

 
ポカポカと身体を温めることのできるパワーを持っているので、血液の循環への良い影響も期待できるでしょう。

 
温熱という言葉から熱さをイメージする方も多いと思いますが、50~60度程度の低温の温風で乾かすドライヤーなので心配は要りません。

 
一般的なドライヤーではダメージを受けがちな髪の毛も、しっかりケアしながら乾かすことができます。

 

頭に密着って安全性は大丈夫?

キューティクル60は安全性の高いドライヤーなのでしょうか?

 
一般的な製品とは違う構造の製品なので、安全性について心配している方がいるかもしれません。

 

コイルも雲母板も不使用

頭皮に密着させて乾かすという使い方をするため、電磁波などの影響が大きくなるのではと不安がありますか?

 
しかし、キューティクル60は安全性に大きな問題はなく、安心して使えるドライヤーと言えます。

 
なぜなら、部品としてコイル・雲母板を使用していないからです。

 
コイルは市販のドライヤーでは必須の部品ですが、電磁波を発生させる大きな原因になることが知られています。そのコイルを使用していないため、キューティクル60は電磁波を従来の製品より抑えることが可能なのです。

 
実際、測定機器を用いた計測でも一般的なドライヤーより低いという結果が出ています。

 
雲母板は電流を遮断絶縁する特徴を持ち、こちらも市販のドライヤーでは必須と言える部品です。

 
ただし、使用時の破損などにより、人体に悪影響を与える可能性が否定できません。即座に問題が起きる確率は低いとは言え、キューティクル60には不使用なのは、やはり評価できるポイントと言えます。

 
また、風が低温なところも、やけどの危険性が低いという点で安全性につながる特徴となっています。

 
総合的に見ると、子供や妊婦さんでも安心して使いやすいドライヤーです。

 

静かな音で気兼ねなく使える安心感

ドライヤーを使う際に問題となりがちなのが、製品から出る音です。

 
大きな音がするドライヤーだとストレスを感じてしまいますし、近隣に住んでいる方に迷惑をかけていないか心配になってしまいます。

 
特に賃貸アパートに住んでいるなど、周囲の住人の生活空間との距離が近い場合には、夜の時間帯には使いにくいと感じることもあるでしょう。

 
キューティクル60は従来のドライヤーと比べて静かな音で髪を乾かすことができるので、周囲の環境を気にせず使いやすいです。

 
会話レベルの低騒音である約58dbを実現していると聞けば、その静かさが伝わるのではないでしょうか。どの時間帯であっても気兼ねなく使えるドライヤーと言えます。

 
また、低騒音という点は使う人の健康を守るという面でも意味が大きいです。

 
80db以上の音を長時間聞くと聴覚障害の恐れが出てきますが、風力の強いドライヤーの中には80dbに近いものもあります。

 
そのため、しっかり乾かせることを重視して製品を選ぶと、耳のトラブルにつながる可能性も出てくるくらいです。

 
その点、キューティクル60は静かさと乾かしやすさを両立しているので、問題ありません。

 
大きな音を出さずにきちんと乾燥できるドライヤーが欲しいと思っているのであれば、試してみる価値はかなり高いです。

 

キューティクル60の気になるコスパは?

キューティクル60の購入を考えたとき、どうしても気になるのが使う際のコスパです。

 
ドライヤーは毎日使うものなのでコスパが悪いと、思った以上に家計への負担となってしまいます。

 
特にドライヤーは消費電力が多い製品も多く、電気代への影響がないか心配している方もいるでしょう。

 
キューティクル60は高い機能性や安全性を持ちながら、コスパの面でも優れたドライヤーです。

 
一般的なドライヤーが1200Wで乾かすのに対して、わずか500Wで乾かすことができます。

 
消費電力が少なく済むので、当然かかる電気代も安くなるというわけです。

 
1日あたりの差はそれほど大きくなくても、1年、2年と使い続けていけば節約できる費用は無視できないものとなるでしょう。

 
また、キューティクル60はシリコンブラシを付けての頭皮マッサージや抗菌・脱臭効果など、プラスアルファの働きが期待できるドライヤーでもあります。

 
頭皮の匂いやかゆみが日頃から気になっている方にとっては、ヘアケア・頭皮ケアのための道具としても活用することが可能です。

 
日々の生活に導入することで、これまで使ってきたヘアケア商品をそれほど使わずに済む状況になる可能性もあるので、その意味でもお得感のあるドライヤーと言えまね。

 
 ⇒ キューティクル60で美髪を目指すならこちらから

 
 

タイトルとURLをコピーしました