イキレイはこの使い方で安全に安心に口臭改善!※科学的根拠あり

イキレイ(ikirei) 健康お悩み対策

イキレイって使い方は簡単なのか調べてみました。
 
「科学的根拠に基づき臨床実験で口臭抑制効果が実証されている口臭予防ジェル」な~んて聞くと、小面倒な使い方をしないといけないようなイメージもあり尻込みしていませんか?
 
実はビックリするくらい簡単ですよ♪
 

おことわり

イキレイの公式サイトでは都合により新規購入の受付を中止しました。下記の楽天市場やアマゾンでの購入は可能です。※2019年7月12日
 
 ⇒ イキレイ 楽天市場での販売店一覧
 ⇒ イキレイ アマゾンでの販売店一覧
 
 

イキレイの効果的な使い方をまとめました

口腔ケア商品というと、歯磨きの時間になにかプラスしてケアする必要があるように感じられて「面倒くさそ~」と思っていませんか?。

 
でもイキレイはジェル状の商品で使い方も面倒くさくないし使い方にもバリエーションがあります。とっても簡単なのでご紹介しますね。

 

1日何回使うの?タイミングは?

イキレイは1日あたり2~3回程度の使用回数が標準です。もちろん必要に応じて回数を増やしても問題ありません。

 
歯磨きのタイミングで使うのが最も使い忘れがなく、継続しやすいのでオススメです。

 

歯磨き粉の代わりに使えるから手間なし

一番なじみがあり受け入れやすい使い方は、歯磨き粉の代わりにイキレイを使う方法です。イキレイを歯ブラシにニュ~ッと大豆くらいのサイズで出して、いつものようにシャカシャカ磨くだけ。

 
より丁寧に磨きたい場合は、いつもの歯磨き粉を使って歯を磨いてからイキレイで仕上げ磨きをしてもよいですね。

 
ただし、その場合は磨きすぎによる知覚過敏を引き起こさないように、力の入れ具合を軽めにしましょう。

 

指や舌で歯に直接塗ってもOK!飲み込んでも大丈夫♪

外出先に歯磨きセットを持っていくのを忘れてしまった、嵩張るので持ち歩かなかった時に非常に有効な方法です。

 
やはり大豆くらいの大きさを出して、指を使って口の中に塗り広げるだけでOK。

 
指を口の中に突っ込むのに抵抗があるのなら、舌にのせて歯を舐めるに塗るだけでも問題なし。

 
一般的な歯磨き粉は、吐き出した後に口をすすぐ必要がありますが、なんとイキレイはその必要すらありません。

 
人体に安全な成分でできているので、飲み込んでしまっても全く害がないのです。

 
食事中に急に呼ばれた時など、さっと身支度を整えなくてはいけない場合にはとても頼りになりますね。

 

舌磨きとしても評判良いです

口臭の原因は歯に付いた食べカスだけではなく、舌苔としてこびりついた汚れも原因になりえます。

 
舌磨き専用ブラシでも、指でも、イキレイを使ってケアすることが可能です。

 

口臭の原因はこんなところに…だから必要なんだ!

イキレイは効果的な口臭対策用品ですが、そもそもなぜ口臭が発生してしまうのでしょうか。

 
そしてイキレイがなぜ効果を発揮するのか、その理由をご紹介いたします。

 

口臭の原因

口臭の原因は非常に様々ですが、まず誰しも思い当たるのがニンニクや香辛料などのにおいのキツイ食べ物です。

 
これらを食べた後には歯の隙間に食べかすが残り、また時間が経過することにより腐敗した臭いを発する原因になります。

 
虫歯や歯周病でにおいがキツクなるのも、健康な状態の歯や歯茎より歯に開いた穴や歯周ポケットに食べかすや歯垢が残留しやすいからです。

 
また、加齢やストレス等のせいで唾液の分泌が減り、口の中が乾くドライマウスという症状が出やすくなるのも口臭の原因です。

 
昔から「ちょっとした傷にはツバをつけておけ」と言ったように、唾液には殺菌作用があります。

 
唾液が減ってしまうと雑菌が繁殖しやすくなるため、嫌な臭いが発生しやすくなってしまうのです。

 

二酸化塩素を配合

イキレイの最大の特徴は、嫌なにおいの成分である硫化水素(卵が腐ったようなにおい)やメチルメルカプタン(玉ねぎなどが腐ったようなにおい)、ジメチルサルファルド(生ごみのようなにおい)を抑制する二酸化塩素が配合されていること。

 
二酸化塩素は人による臨床試験でもその効果が実証されているという唯一お墨付きの成分です。

 
しかも、使用した瞬間だけにおいを抑えるのではなく、その後4時間経っても押さえ続けてくれるという長持ち効果まで判明しています。

 
ちなみに、普通に歯磨きをした直後にも口臭は消えますが、90分もしたら他人が気付く程度には復活してしまいます。

 
更に言うならば、権威ある学会誌でも二酸化塩素の効果は話題に取り上げられており、イキレイは今最も注目を浴びているオーラルケア用品のひとつだと断言できます。

 

イキレイの効果は嘘?ホント?口コミをご紹介

イキレイの口コミをネットで調べると、あまりの賛否両論ぶりにどちらを信じていいのかわからなくなるくらいです。

 
しかし、口コミの内容によっては対策等を考えたり心づもりをしておくことで「ガッカリ」感を防ぐことも可能です。

 
そこで、まずは悪い口コミから見ていきましょう。

 

効果が長続きしない

利用した方は朝、起きぬけにイキレイを塗れば夕方過ぎまで効果が持続すると思っていたようです。

 
しかし、イキレイの説明には1日あたり2~3回の使用が望ましいと書かれています。この記事を読んだあなたはそのような誤解はしないで済みますね。

 

口臭が減ったように感じない

自分の口臭はなかなか気づきにくいですから、軽くなったのに気づいていないのかもしれませんが、もしかしたら口臭の原因が口腔環境だけではないのかもしれません。

 
口の中の汚れが原因で口臭が起こるケースがほとんどなのですが、中には胃や他の臓器の不調、糖尿病などの病気が原因の場合もあります。

 
そういったニオイも口を経由して外に出てくるのでイキレイでも効果はゼロではありませんが、大元に直接つけられるわけではないのでどうしてもパッとしません。

 
ご不安なようでしたら、一度内科などで検査をしてみることをおすすめします。

 

イキレイの味がミントなので苦手

お口の中の清涼感と言えば、ミント味が大活躍で、実際にミント味は大好きという人は多いですね。そして、イキレイも爽やかなミント味です。

 
そのため、残念ながらミントが大嫌いという方は少々使いづらいのは確かですね。

 
ミントの刺激がそこまで強くない、ピーチ味もありますのでそちらを試してみてはいかがでしょうか。

 
次に良い口コミを紹介します。

 

しっかり泡立つ

普段歯磨き粉を使っている人にとっては、泡立ちがよくないとなんとなくきれいになった気がしない、物足りないと感じます。

 
イキレイは歯ブラシでも指でこすってもしっかりと泡が立つので、清潔になった実感を持ちやすいようですね。

 

イキレイの味はミントの爽やかさ長持ち

悪い口コミの中にミント味が苦手という感想がありましたが、逆にミント味なので気に入っているいう人の方が多いです。

 
しっかりとしたミントフレーバーなのに辛みが少なく、すっきりとした清涼感が長続きするのがミント好きに好評です。

 
ミントファンだけではなく、辛い歯磨き粉が苦手という人も「イキレイなら無理なく使える♪」と喜んでいます。

 

研磨剤不使用

イキレイには研磨剤を使用していないため、指で使う分には歯のエナメル質をそぎ落とす心配がありません。

 
加えて、飲んでしまっても人体には安心な成分ばかりでできています。

 

ネバツキと口臭をしっかり押さえる

やはりイキレイの存在意義というか、最も期待される効果に関しては多くの人が高評価をしていました。

 
多くの歯医者さんで患者さんにおススメされている実態からも、それがよくわかりますね。

 

イキレイはどんな成分でできているの?副作用の心配はある?

嫌なにおいを科学的に押さえる…というと、イキレイの成分は強力だと感じる一方で、人体に対して副作用や健康被害がないかとても心配になってしまいます。

 
そこでイキレイの全成分とその安全性を調べてみました。

 

イキレイの全成分

・水(基材)
・グリセリン(湿潤剤)
・ソルビトール(湿潤剤)
・セルロースガム(粘結剤)
・PEG-6(溶剤)
・亜塩素酸ナトリウム(清掃補助剤)
・キシリトール(甘味剤)
・セイヨウハッカ油(香味剤)
・メチルパラベン(防腐剤)

 

それぞれの安全性・危険性

カタカナの表示ばかりで大分聞き慣れない成分が多いのですが水と、キャンディやチューインガムに良く使用されているキシリトールについての安全性はここで述べるまでもないでしょう。

 
セイヨウハッカ油も平たく言えばミントのエキスですから、食用にも利用されますのでこれも基本的には安全ですね。

 
グリセリンは人間の体にも存在するアルコールの一種で、人体との親和性も高く化粧品や医薬品などに多く使用されています。

 
セルロースガムは植物由来の成分で、グリセリン同様医薬品や食品に良く添加されています。

 
PEG-6は高い水溶性を持ち、とろみや品質の安定のために使われますが、旧表示指定成分です。

 
ごくまれに皮膚刺激が起こる可能性は否定できませんが、発症しても非常に軽微な症状に留まります。

 
亜塩素酸ナトリウムは法律で劇物指定をされていますが、イキレイに使用されているものは厚労省の食品健康影響評価において毎日食べたとしても健康被害はない、と安全性を担保されているものです。

 
パラベン=害悪、すなわちパラベンフリーこそ正義!と思われがちなパラベンですが、メチルパラベンは食品保存料として身近に活躍しています。

 

まとめ

イキレイに使用されている成分は一部刺激が起こるものもありますが、基本的には安全なものだと言えます。

 

おことわり

イキレイの公式サイトでは都合により新規購入の受付を中止しました。下記の楽天市場やアマゾンでの購入は可能です。※2019年7月12日
 
 ⇒ イキレイ 楽天市場での販売店一覧
 ⇒ イキレイ アマゾンでの販売店一覧
 
 

タイトルとURLをコピーしました