【濃い藍の青汁】評判のホントのところは?実際に飲んでみました♪

青汁ってメチャクチャたくさんの種類が世に出回っていますね。その中で、果たして濃い藍の青汁の評判ってどんな感じでしょうか。調べてみました。

では、さっそく濃い藍の青汁の評判を中心に詳しくご紹介していきます。


濃い藍の青汁の評判をチェック!

評判をチェックするには、実際に飲んでいる人達の口コミを見てみるのが一番ですよね。そこでどんな感じかどちらかというと悪い口コミと良い口コミの両方を調べてみました。

あまり良くない評判とは

「飲みやすいのは飲みやすいけれど、もともと便秘症じゃなかったからか下痢になってしまった」という口コミがありました。

私も旅行に出た時とか環境が変わると便秘になりやすいですが、普段は便秘では無い方です。それでも特に問題なく飲めています。

また藍の青汁の場合、下剤になるものは含まれていませんが食物繊維がたっぷりなので一時的にお腹がゆるくなることがあります。

食物繊維が多いとお腹がゆるくなりやすい体質の方など、気になる方は最初は半袋から飲んで見るとか様子をみてはいかがでしょうか。すぐにお腹がいたくなりがちな体質の方は飲む前にかかりつけの医師に相談してみることもお勧めします。

別の口コミでは「袋には《手で切れます》と書いてあるのに切ろうとしたらちゃんと切れなくて辺りに撒き散らしてしまってもったいないことをした」という報告がありました。

確かに勢いよくちぎり取ろうとすると、途中から縦に切れ目が広がり悲惨なことになるかもしれません。汗



でも、私も手でちぎって切り取ってますが、最初半分くらい切ったらその切り口辺りを押さえるようにして残りを切ると、本当に手だけできれいに切れいました♪

気になる方は、やっばりハサミを使ってください。

これ以外、特に悪い口コミは見当たりませんでした。

良い口コミ評判は?

では、良い口コミは?

便秘気味の方には特に濃い藍の青汁は評判が良いですね。自然の力で、しぜんに…ということでしょうか。

便秘茶というものも、私も何度か飲んだことがありますがすぐにお腹が痛くなって、もうリビングとトイレの往復を何度も繰り返すという悲惨なことがありました。

また、クセが無くて飲みやすいとか、小さなお子さんも一緒に家族揃って飲んでいるとか味についての口コミも好評ですね♪

野菜不足対策だけじゃなく善玉菌も増やせるというのが魅力という成分についても濃い藍の青汁の評判は良い感じでした。

実際に飲んでみました

濃い藍の青汁の評判を聞いて、早速私も飲んでみました♪



私もこれまでに青汁は結構な種類を飲んできました。でも、以前飲んだ青汁は美味しいって言っていても水で作っただけではどうも飲みにくかったんです。

それで、せっかく買ったからとオレンジジュースで作って飲んだら美味しいので、暫くハマったことがあります。でも、そうしたら、オレンジジュースのカロリーで体重が増加してコレはやばいと思って止めました。



でも、この濃い藍の青汁って評判通り、ゴクゴク飲めますね♪カロリーも1袋11.9kcalなのであんまり気にしなくて大丈夫♪



1箱にはぎっしり30袋が入っていて、わくわくしますね。



これは濃い藍の青汁1袋を水100ccで作ったところです。普通にグラスに入れてマドラーでかき混ぜても十分に溶けますが、私はせっかくなのでしっかり溶かすためにいつもシェイカーを使います。



なかなか濃い目の青というより、濃い目の緑ですね♪

水だけで作って、苦いのが苦手な私でもごくごく飲めました。たまには味に変化をつけるために黒砂糖とか蜂蜜を入れてみるのも良いですよ。

ミルクティにしたらお腹もほっこり

基本的に水で作っただけでも濃い目の緑茶(しかも渋くない)という感じで、ゴクゴクっと飲めますが、牛乳や豆乳で割るのも美味しいと公式サイトに書いてありました♪

なので牛乳でも作ってみました。



抹茶ラテという感じ♪

特に蜂蜜とかお砂糖を入れなくても美味しく飲めました。しかも、飲み終わった後も暫くお腹がほっこりした感じで、気持ち良い感じでしたよ♪

ゆったりしたい気分の時、リフレッシュしたい時にもお勧めの飲み方です。この味なら濃い藍の青汁の評判が良くなるのもうなずけます♪

また、お湯で温かいお茶としても飲めるし、ヨーグルトに混ぜるのも美味しそうですよ。

さらに熱を加えても大丈夫なので、パンケーキを焼いたりする時に加えるのも良いですね。

藍のパワーは評判通リ?成分は?

実際に濃い藍の青汁を飲んだ感想としては評判通リの美味しさに満足しています。

ホットミルクで作る濃い藍の青汁はホントお勧め♪でも、牛乳のカロリーが気になる方は水とかお湯でも十分美味しく飲めますよ。

それでは、今度は青汁の成分について見てみます。

濃い藍の青汁は世界初の青汁っていうキャッチフレーズもあるのですが、世界初って?

それは日本の特産物である藍を使った青汁だからです。海外にも産地はあるのか調べたところ、インドネシアのスンバ島というところにも藍はあるようですが、藍染の原料という使い方しかしていないようです。

ということは、やはり食用として藍を使った青汁ということは世界初になるわけですね。

藍というと、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの大会公式エンブレムにも使われています。やはり、私も藍染のイメージが強すぎて、食用と聞いた時はビックリしました。

でも、この濃い藍の青汁の藍を作っている藍農家で出雲織創始者でもある青戸さんは幼い時から藍を塗ったり煎じて飲んで過ごしてきて自然な感じで体に取り入れていたそうです。

公式サイトに青戸さんのお写真も掲載されていますが、とってもお肌も表情も活き活きしている感じで藍パワーがみなぎっている雰囲気です。



濃い藍の青汁の主な成分はこんな感じ。

何と言っても、国産の藍。食物繊維、鉄分、亜鉛、ミネラルも含んでいる古来の伝承野菜です。特許取得成分となっています。

そして、ビタミン・ミネラルが摂れる国産有機栽培の大麦若葉に、毎日のスッキリをサポートする乳糖果糖オリゴ糖。さらに健康維持にも是非摂り入れたい有機桑の葉に自生熊笹となっています。

体に良いものを集めましたっ!という感じですね♪


現在、公式サイトでの販売は終了し、楽天市場で購入出来ます。

 ⇒ 濃い藍の青汁を楽天市場で見てみる