落ち着きのない子どもには何が必要?

お子さんに落ち着きがないために、いつも周りから白い目で見られたり何度注意しても直らない。また今日も学校から連絡がくるかと思うと電話が鳴るたびにドキッとして、あなたご自身も落ち着きがなくなってしまいがちではないですか?


いつの間にかご家族の間でも笑顔が少なくなってしまったというケースもあります。


病院で診察を受けると多動症(多動性障害)の子供と診断され、adhdの薬を処方されるかもしれません。でも、、出来たら薬じゃなく集中力を高めるようなサプリメントでもあれば…それも、子供に飲ませるので少しでも副作用とかの心配も無い安全性の高いサプリがあれば…と考えていませんか?


そこで、多動性障害対策サプリや発達障害対策サプリを探している人達にご紹介したいのが、お子さんの落ち着きと笑顔のある楽しい毎日をサポートするということで評判の良いサプリ【コドミン】です。

コドミンの安全性は?副作用の心配は無いの?

コドミンは、adhdの薬とは違う健康補助食品・サプリメントです。



一般的にサプリメントの場合には薬のように即効性が無い代わりに、副作用の心配もほとんど無いことが多いですね。とはいえ、サプリによっては中には海外からの直輸入サプリもあり、そういうサプリに多いようですが、副作用が出たという口コミも見たことがあります。


やはり大切な自分の子どもに飲ませるものですから、コドミン自体に副作用があるのかが気になりますね。


調べた結果、コドミンに副作用の報告は今のところ出ていません


なにより日本で、しかも日本健康・栄養食品協会による健康食品GMPの認定を持つ、国内優良工場で生産しています。


しかも、2018年のモンドセレクションで金賞を受賞するほどの品質の良さです。


そして成分から考えてみても、コドミンの成分はホスファチジルセリンという大豆由来のリン脂質の一種が主成分です。


このホスファチジルセリンは、大豆由来。つまり普通に私達の食卓に並ぶ一般的な食材に含まれているものです。副作用の不安も無くなりましたね♪


ただし、大豆アレルギーがある人は利用できません。


念のため、他にお子さんのアレルゲンとなりそうな成分があるかどうか、ホスファチジルセリン以外の成分も紹介しますね。


還元麦芽糖水飴
ブドウ糖
ホスファチジルセリン(大豆含む)/結晶セルロース
酸味料
ステアリン酸カルシウム
香料
微粒二酸化ケイ素
ビタミンB1
甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)


いかがでしょうか?


これらの中にお子さんのアレルゲンが無いのなら安心ですね。


また、何かの病気で治療中の場合には、念のためかかりつけの医師か薬剤師の方に相談されてから飲ませるかどうかを判断してください。

コドミンの口コミってどんな感じ?

コドミンには副作用の心配もほとんど無い安全性の高い、落ち着きのない子供のためサプリということがわかりました。


それでは実際にコドミンをお子さんに飲ませている方々はどのような感想をお持ちなのでしょうか。口コミを調べてみました。

落ち着きがないのは幼児だから?と思っていたけどどうも周りの子どもたちとも違う雰囲気で気になっていました。この落ち着きがないのはadhdなのかも…と思いコドミンをのませてみました。即効性は無いけど、前より落ち着きなく動き回るのが減ってきたみたいです。

我が家は、注意欠陥障害とか多動性障害なのでは…と、ずっと悩んでいました。飲ませているうちに学校からの連絡帳にも最近落ち着きが出てきましたねと書かれて涙が出てきました。悩んでいるお父さん、お母さんにもぜひこのコドミンのことを知って欲しいと思います。


もちろん、コドミンには良い口コミばかりではありません。悪評のような口コミもありましたが、このような感じです。

飲ませて2週間も経つのに、あんまり落ち着きがでてこない。即効性があるんじゃなかったの?少しは落ち着きが出てるのかも…だけど、もっと効果が早くでると思ったので残念です。


実は、コドミンに限らず、ダイエット系や美容系のサブリにもありがちな口コミなのです。


薬ではなくサプリメントなので即効性は無いと考えたほうがよいですね。その代わりに副作用などの弊害もほとんど無く、実際に副作用の報告もありません。


私達の体は細胞の生まれ変わりなどの観点からも、やはり最低でも三ヶ月くらいは飲み続けてみないと実感しにくいと思います。


じっくり向き合ってあげてくださいね。

コドミンVSリパミン

コドミンの類似品にリパミンpsがあります。どちらも落ち着きがない子供の行動をサポートするサプリメントですが、

コドミンとリパミンps、どう違うのでしょうか?

【共通点】
■ホスファチジルセリンを1粒中に100mg配合
■ラムネ味
■国内のGMP認定工場で製造


では、通販情報はどうなのでしょうか。コドミンと同じくアマゾンにも取扱はありました。


それでは定期購入サービスがあるそれぞれの公式サイトでの比較をしてみましょう。


コドミンの公式サイトからの定期通販購入

初回980円、
2回目以降は3980円
都度購入は定価の5980円

リパミンの公式サイトからの定期通販購入

初回1500円
2回目以降は2700円
返金保証無し
2回目から変更・休止・停止が可能
都度購入は定価の3000円


初回購入は断然コドミンが安いですね。2回目以降はリパミンが安くなります。


どちらもたいていのお子さんが好きだというラムネ味で作られています。しかし、コドミンの口コミでは味に対する不満の声はひとつも無かったのに、リパミンの方はどうやら同じラムネ味ですが苦味があるようです


そのため、どうしてもお子さんがリパミンを飲まないと嘆いている口コミや、せっかく買ったんだからとムキになって無理やりお子さんに飲ませているという口コミまでありました。


病気や怪我で飲まないと治療ができないというのならともかく、無理やり飲ませてるのはどうでしょうか。。。


味の好みって、実際にお子さんが飲んでみないと分からない部分ですね。


実際に味とか舌触りなどに強いこだわりがあるお子さんも多いものです。たとえお母さんが実際に飲んでみて美味しいと思っても、その子にとっては苦痛な味以外なにものでもないということになります。


もちろん好みもありますが口コミからも味について苦情の無いコドミンのほうに軍配があがりそうですね。

何歳から飲めるの?

コドミンは何歳から飲めるのでしょうか。


落ち着きがない2歳の幼児でも大丈夫でしょうか。具体的に公式サイトにもアマゾンにもコドミンは何歳からという表現はありませんでした。


ただ、コドミンってチュアブルタイプのタブレットの形をしています。イメージとしてはこちのヨーグレットのサイズと書いているコドミンの口コミがありました。



ヨーグレットのようにポリポリかんで美味しく食べられるので、だいたい歯が生えそろってからの3・4歳くらいがコドミンの始め時かもしれませんね。


さらにお子さんの落ち着きがない様々な行動に対して保育士さんや幼稚園、小学校の先生から指導を受けるのは3~4歳くらいから増えてきます。


これらのことを考えると、歯が生えそろうのは個人差もありますが、お母さんやお父さんが「コドミンは何歳から飲めるの?」と気にし始めたら、だいたい3・4歳くらいになったら飲ませてみるのが良さそうですね。

どういう時に飲ませてみた方がよいの?

例えば…


■他の子達とちょっと違う
■落ち着きが無くいつも動きまわる
■集団行動がなかなか出来ない
■すぐにどこかにいなくなる
■すぐに騒いでしまう
■集中力がない子供とみられがち
■注意欠陥障害があるのでは?と心配
■多動性障害・adhdと診断されたが薬は出来たら飲ませたくない


このような行動などに不安を感じた時に考えてみてください。


お子さんに落ち着きが無いと、しょっちゅう周りから注意されたり、あなたのことも「しつけの出来ない母親」みたいな目でみるような人も現れたりと気持ちもふさぎがちになりかねません。


そんなお子さんの様子を見ていると気になって気になって、、気がついたらお子さんの行動で頭がいっぱいになってしまい、いつまにか家族の間もギスギスした感じで笑顔が少なくなってきていませんか?


お子さんの落ち着きのない行動等の原因については、未だにきちんと解明されていません。でも、遺伝的な原因だけではなく様々な要因が複雑に絡み合って気になる行動に繋がると言われています。


でも、少なくても親の育て方やしつけ方法が直接の原因ではありませんよ!


周りから色々と注意されて肩身の狭いを思いをしがちだと思いますが、くれぐれも必要以上にあなたご自身を責めないでくださいね。


コドミンを飲み始めて集中力が向上し落ち着きが出てきて、友達が出来たとか、朝起こさなくても自分で起きられるようになったという口コミもたくさん報告されています。


お子さんの行動が気になったらコドミンを考えてみませんか?

逆に中学生でも大丈夫?大人は?

コドミンは小さなお子さんでも美味しく食べられるようにラムネ味で作られていて、実際に保育園・幼稚園、そして小学校に通うお子さんが多いようです。


でも、もちろんお子さんだけでなく、中学生以上の方にも飲んでいる人は増えています。


特に最近はコミュニケーション不足、人との関わりが苦手という大人も増えていますね。子供の時にコドミンがあれば良かったのに、、と諦めずに、早速飲んでみたら(食べてみたら)良い感じなのでもっと早くに飲み始めれば良かったという口コミもあります。


コドミンの主成分であるホスファチジルセリンは集中力、記憶力、落ち着きとなど様々な行動に関してサポートします。

ということは中学生で大事な高校受験を控えているのなら早めに飲んで、希望高校に行けるようにしっかり頑張りたいですね♪


さらに、

■囲碁、将棋、対戦ゲームのように戦略的なゲームをする人
■集中して勉強したいビジネスパーソンや受験生
■集中力や反射能力が必要なスポーツをする人

にもオススメですよ♪


囲碁や将棋等だけでなく、スポーツにも集中力向上は必要ですね。

※コドミンは公式サイトでの販売を終了しました。

コドミンの製造元

コドミンの製造・販売元はどこなのでしょうか?


早速、コドミンの特定商取引に関する法律に基づく表記をチェックしてみましょう。


■特商法に関する情報■
販売事業者 : メディカルファーマジャパン株式会社
運営責任者 : 樟山 隆一
所在地 : 〒107-0052
東京都港区赤坂2-23-1アークヒルズフロントタワー


こちらのメディカルファーマジャパン株式会社という会社は、健康食品事業、新電力販売事業、生命保険販売事業と生活に関わる事業を展開しています。


コドミンの製造工場は、先程もお伝えしたように日本健康・栄養食品協会による健康食品GMPの認定を持つ、国内優良工場での生産しています。


医薬品の製造実績もある工場です。つまり、コドミンも医薬品と同じレベルでの製造・品質の管理がされているということですね♪

コドミン通販のまとめ

コドミンを最安値で購入でき、かつその後も格安価格で継続して購入できるのは、今開催しているキャンペーン中だからです。


1回目のお届けだけで、もしもお子さんがどうしても飲みたがらない時などには次回お届け予定日の遅くても5日前までにメールをするだけでコドミンの定期コースを解約出来ます。


出来るだけ3・4ヶ月は飲み続けないと、効果らしい効果も実感できないものなので、実際には少なくてもこのくらいの期間は飲ませて様子をみたいですね。


チュアブルタイプなので飲むというよりお菓子感覚で食べるという感じかもしれません。