ルーナスのプラセンタコスメは口コミサイトでも満足度が凄い!

ルーナスのプラセンタコスメの口コミが気になったので調べてみました。

▼ まずはルーナスをチェック ▼


肌荒れしやすい敏感肌ということもあり、ルーナスプラセンタコスメの口コミを調べていくうちに、使ってみたくなったのでお取り寄せ♪そのレビューもしますね!


ルーナスのプラセンタコスメの口コミ

プラケアEQウォーターやプラケアEQゲルクリームといったルーナスのプラセンタコスメの口コミはどんな内容のものが多いのでしょうか?

公式サイトで購入してみる前に口コミでの評価を確かめておきたい、そんな風に考える人も多いかと思います。

人によって口コミの具体的な内容はさまざまですが、共通して評価しているユーザーが多かったのがその使いやすさです。

例えば、ルーナスのプラケアEQゲルクリームは成分として馬油を含んでいるため、購入前は重い感じのイメージを持っていたという人が多いです。

しかし、プラケアEQゲルクリームを実際に使ってみた後の評価を見てみると、伸びが良い、べたつき感が気にならないといった声が多く見られます。

肌に馴染みやすいと感じている人も多く、毎日のスキンケアに使っていく中でこの上ないメリットと言えますね♪

渋谷ロフト売上1位、口コミサイト満足度1位

また、ルーナスのプラセンタコスメは渋谷ロフト売上1位という実績を持つ商品で、なんとこれまでに累計23万個以上販売されています。

もし評判の悪いスキンケア商品だった場合、これほどたくさんのユーザーに支持されることはないでしょうから、そういう意味でも評価できるコスメと言えるでしょう。

さらにプラケアEQウォーターやプラケアEQゲルクリームは、口コミサイトの満足度ランキングでも1位を獲得しています。

累計販売個数から考えると、この満足度ランキングの高さは十分に信頼できるデータと言ってよいのではないでしょうか。

ルーナスのプラセンタコスメをお取り寄せしました

ルーナスのプラセンタコスメはライン使いで使うのがより良いと思いセットでお取り寄せ♪



箱から出してみました。やはり化粧水のプラケアEQウォーターのほうが大きなボトルですね。



忙しい時でも、いちいち名前を確認しなくても、プラケアEQゲルクリームとの違いがすぐに分かるのも使いやすいポイントです。



プラケアEQウォーターは、朝晩の洗顔後に手のひらに適量をとって顔全体になじませるようにパッティングしていきます。

特に気になる部分にプラスでもう少しつけています。ウォーターと名前についてはいますが、こちらもとろっとした感じで潤いがしっかりとチャージできますよ♪

とろっとしているのに、スーッとお肌に馴染むところも嬉しいです。



プラケアEQゲルクリームは、ゲルというだけあり、よりとろみのあるつけ心地です。

こちらは化粧水を肌に馴染ませた後につけていきます。

どちらも香りは特にしないという感じで、ほのかな香り…というところでしょうか。馬プラセンタということでニオイを気にする人もいそうですがほぼ気になるニオイはありません。

それぞれ1本でおおよそ2ヶ月は使える量になっています。ただ人によっては朝晩だったり朝だけ、夜だけと違ってきますよね。

さらには、気になる首元とかデコルテにもつけたくなる人もいるのでは?

そのため、1ヶ月くらいでなくなりがちな人や2ヶ月たってもまだ大丈夫な人も出てくると思います。

ルーナス化粧品の場合には、定期コースでの申込みでも配送の頻度の変更も気軽に行えるので助かりますよ♪

プラケアEQウォーターとは

プラケアEQウォーターとは、敏感肌の人でもエイジングケアができるルーナスの化粧水です。

角質層に含まれる細胞間脂質・NMF・皮脂膜という3つの成分が減少すると肌のバリア機能が弱まりがちです。また敏感肌の原因にもなかりがちですが、プラケアEQウォーターはこれら3つの成分がバランス良く含まれた化粧水となっています。

そのため、保湿成分が皮脂膜だけを補っている化粧水とは異なり、自分の肌が弱いと感じている人でもつい触りたくなるような肌を目指すことが可能です。

しかもプラケアEQウォーターはナノ化した化粧水なので、角質層の奥にまで浸透しやすく、成分がしっかりと届く仕様になっています。

気になる年齢サインに対処したいけど、スキンケア製品が原因で起こる肌トラブルが怖いという人でも安心して使うことができるでしょう。

プラケアEQゲルクリームとは

プラケアEQゲルクリームとは、プラケアEQウォーターと同じく敏感肌の人がエイジングケアをする際に役立つルーナスのゲルクリームです。

プラケアEQウォーターと同様に細胞間脂質・NMF・皮脂膜という3つの成分をカバーしているので、乾燥肌の人でも剥きたてのゆでたまごのような肌を目指すことができます。

化粧水とゲルクリームという形状の違いだけで含まれている成分が同じと勘違いしていませんか?

じつはプラケアEQゲルクリームにはプラケアEQウォーターには配合されていないシアバターが含まれているんです♪

シアバターはシアーバターノキの種子から作られ、ステアリン酸やオレイン酸などエイジングケアで大切となる成分が含まれている植物性の脂肪です。

そのため、特別なエイジングケアをしたいのであれば、両者を組み合わせて使うのがおすすめと言えます。

ルーナスのプラセンタコスメの成分紹介

プラケアEQウォーターやプラケアEQゲルクリームなどのルーナスのプラセンタコスメに含まれている成分の中で特に注目したいのが馬プラセンタです。

プラセンタは胎盤から抽出したエキスで、アミノ酸やミネラル、ビタミンなどさまざまな栄養素を豊富に含んでいます。

医薬品や健康食品に用いられていますが、美容成分としても注目されており、最近は成分として採用している化粧品も多く見られます。

アミノ酸ひとつ挙げても肌がターンオーバーする材料となってくれるので、いきいきとした肌を目指す上でありがたい存在と言えるでしょう。

化粧水やゲルクリームに用いられるプラセンタは豚プラセンタが多いのですが、プラケアEQウォーターやプラケアEQゲルクリームはキルギスの馬プラセンタを配合しています。

馬プラセンタは一般的に豚プラセンタや植物プラセンタよりもアミノ酸が多く含まれているため、よりハイクオリティなプラセンタと言ってよいと思います。

また、プラケアEQウォーターやプラケアEQゲルクリームには馬プラセンタ以外にもさまざまな成分が含まれています。

特に美容成分が99.2%、そして天然由来成分はが90.3%以上というところも注目したいポイントですね♪


ちなみに、ルーナスの洗顔料についても記事を書いたので参考になさってください。

※参考記事
 ⇒ プラケアeqクレンジングはルーナスの馬プラセンタ洗顔料

初回30%OFFのお得な定期便

プラケアEQウォーターとプラケアEQゲルクリームは、それぞれ単独で購入することができます。

お気に入りの化粧水やゲルクリームが既にあって、それらと組み合わせたい場合には単品購入という手段を選ぶことが可能です。

しかし、元々組み合わせることを前提にしている同じブランドの化粧水とゲルクリームを一緒に使ういわゆるライン使いをすれば、他のスキンケア製品と併用するより肌の印象を褒められる機会も増えると思います。

セット購入をしようと考えているなら、公式サイトで定期コースを申し込むことが断然おすすめです。

渋谷ロフトなどの実店舗でも取り扱われているのですが、毎回足を運ぶ必要がありますし、そもそも行ける範囲に販売している店舗がないという人も多いでしょう。

定期コースは公式サイトでのみ利用できますが、なくなるたびに注文する手間が要らずたいへん便利です。

しかも初回分は通常の値段から30%割引してもらえますし、2回目以降も15%の割引が続きます。

オンライン通販で費用がかさみがちな送料・手数料も無料なので安心ですね。

定期のしばり無し♪

定期コースに申し込むと「規定回数続けるまではやめられないんじゃないの?」というような心配を抱く人もいるかと思います。

確かに回数のしばりがあるスキンケア商品の通販は珍しくありませんが、プラケアEQウォーターとプラケアEQゲルクリームのセット購入はなんと1回目から解約することができるシステムです。

定期コースでありながら特殊なしばりがないので、気軽に利用できます。

解約する際も煩雑なプロセスを踏む必要はなく、フリーダイヤルの電話1本で連絡が完了します。

つまり、初回30%割引のためだけに定期・セット購入を選ぶこともできるわけですね。

もちろん続けようと思ったときにはそのまま継続して、15%割引の恩恵を受け続けることができます。

しかも90日間返金保証付き!

プラケアEQウォーターとプラケアEQゲルクリームが優れている点は、定期コースを利用した際のお得さ・便利さだけではありません。

しっかりと返金保証がついているということも安心できるポイントと言えます。

いくら愛用しているユーザーが多い製品だったとしても肌の性質は個人によって異なりますから、絶対に肌に合うと言い切ることはできないものです。

そのため、オンライン通販で化粧水やゲルクリームを買うことに二の足を踏んでいる方もいるでしょう。

しかし、返金保証が付いていれば万が一のときも購入費用を無駄にせずに済みます。

プラケアEQウォーターとプラケアEQゲルクリームは、保証の期間が90日間と長いことも嬉しいところですね。

敏感肌卒業のためのお得な情報は、こちらからじっくり読めます♪
 ⇒ ルーナス公式サイト


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする