メディレギンスはサイズ選び次第で効果にも変化が!?

メディレギンスでヒップアップしながら美脚を目指しませんか?


最短の方法は毎日履くこと!


でも、その前にメディレギンスはサイズ選びが超重要なので詳しく調べてみたのでご紹介しますね。

▼ 公式サイトはコチラ ▼


メディレギンスは選べる2サイズ!自分にピッタリのサイズで美脚を目指そう

メディレギンスのサイズはM~LとL~LLの2サイズが揃っています。


■M~Lサイズ :ウエスト64~77cm ヒップ87~100cm
■L~LLサイズ:ウエスト69~85cm ヒップ92~105cm

の人が対象です。


加圧式のレギンスなので、一般的なレギンスと比較すると、かなりタイトにできていますので、小さすぎるものを選んでしまうと、窮屈すぎて履けなくなるリスクがあります。


また、無理をして履いても下半身は可動部分が多く動きも大きくなりがちなので、破損してしまうこともあり得ます。


そうかといって大きすぎるサイズを選んでしまえば、せっかくの着圧効果が薄れてしまいますね。


そのため、購入前に一度ご自分のヌードサイズをしっかりと計測しておくことをお勧めします。


普段着用しているストッキングやタイツのサイズ表記だけに頼っていると、上記のようなサイズのミスマッチが起こりやすいのです。


せっかく一念発起してチャレンジをするのに、それではもったいなさすぎますし、やる気だって削げてしまいますよね。


サイズで迷うのは、ウエスト69~77cm、ヒップ92~100cmに入ってしまう人でしょうね。


よくご覧いただければわかりますが、この範囲はM~Lサイズ、L~LLサイズのどちらにも該当します。


どちらでも良さそうなのですが、購入者の感想を見ているとL~LLサイズを選んだ方が履き心地がよく、続けられるという意見が多いです。


中間地点の数値から見てM~LサイズよりなのかL~LLサイズよりなのか見ても良さそうですが、加圧式のレギンスが初めてでサイズに迷う場合はL~LLを選択した方がよいかもしれません。


少なくとも、この中間サイズの人がL~LLを選ぶのであれば「大きすぎる」ことはないようですよ。

メディレギンスを履いて得られる効果とは?

メディレギンスは着圧強度が高いので、履くだけでも下半身をスッキリと見せる効果があります。


具体的には、太腿の間に隙間ができたり、シシャモのように膨れたふくらはぎもシュッとしたシルエットになります。


それだけではなくヒップアップ効果やポッコリお腹も抑えてくれるので、お気に入りの服がいざというときに決まらない…なんて時にも大活躍☆


メディレギンスを履いている時が一番効果を感じやすいですが、骨盤コルセットのように正しい位置に骨盤を戻してくれるので、長く着用しているうちに姿勢やからだの歪みも良い方向へ変化することが期待できます。


着圧が強いというと締め上げがとてもきつそうですが、伸縮性が抜群で寝ている時だって履けるんです。



だから職場の服装規定で日中に着用できなくても、家に帰って眠っている間に着用しておくという使い方もできちゃいます。


お腹周りだとコルセット(中近世のヨーロッパの貴婦人の補正下着で、日本でも購入できます)での補正も可能ですが、内臓の位置が変化してしまったり、伸縮性がないため締めすぎて貧血を起こしたり、ボーンが飛び出て皮膚を傷つけてしまったりとリスクが結構あります。


強力な着圧と伸縮性の両方を兼ね備えているメディレギンスなら、体に優しく「出るとこ出てて引っ込むとこ引っ込む」が叶えられるんです。


体にフィットするのでムレや汗のにおいも気になるところですが、生地に銀を配合しているので消臭対策もバッチリと、汗っかきさんでも安心できます。

メディレギンスの悪い口コミを検証してみた

メディレギンスは全然足が細くなりません!履いている時だけです!


という悪評もチラホラと目に入るのですが、よく見るとまだ1週間も試していない人の口コミだったり、下手すると3日すら経っていない人の口コミだったりします…。


メディレギンスを脱いでも脚がスッキリ!となるのはかなり継続的に使用した後ですので、数回はいただけで目に見えてスラリ!というわけにはいきません。


しかも、そういう変化は徐々に訪れるため予め写真などで記録を残しておかないと中々わかりづらいものでもあります。


締め付けが窮屈すぎて、1時間と履いていられない


「ギューッと締め付けたほうが、より効果が出そう♪」とあえて自分のサイズより小さなM~Lを選択してしまった人もいるようです。


最初に警告させたもらいましたが、メディレギンスは確かに伸縮性はあります。でも、それ以上に着圧が強力なんです。


是非、サイズは自分に合ったものを選んでください。


せっかくの貴重なアイテムに、サイズ選択ミスのために悪評を書くハメになるのは残念すぎます。


中にはそんなに着圧を感じないという意見もありましたが、おそらく相当にほっそりした脚の持ち主かもしれませんね。


メディレギンスで締め付けを感じないのであれば既にカモシカのような美脚の持ち主ですので、自信を持ってください♪


ちょっと値段が高い


メディレギンスの正規価格は1着7,980円(税別)と、レギンスにしてはかなり高価という点は正直否定できません。


公式サイトならもっとお得に購入できることを後で知って後悔している方がいました(お得なプランについては後述しますね)。

メディレギンスの良い口コミにはどんなものがあるの?

一方で、メディレギンスに寄せられた良い口コミには以下のようなものがありました。


学生時代にスポーツに打ち込んでいたため筋肉質な脚をしていたけれども、女性らしいレッグラインになれた!


決して太っているわけではなくても、スポーツでゴツくなってしまうと女性としては悲しいし、このタイプの方は運動してダイエットに取り組もうとしても余計に筋肉がついて…と難しいですよね。


公式サイトに掲載されている写真にもありましたが、男性のガッシリした脚にもメディレギンスは効果を発揮します。


 ⇒ メディレギンスを男性が履いた様子を見てみる


いくら筋肉質であったとしても一般的には女性の脚の方が男性のものよりも柔らかいので、より効果を得やすいでしょう。


メディレギンスを履いて眠った次の日は脚と足の疲れがよく取れる


脚には全体重が掛かりますので、立ち仕事がメインの方は疲れがたまってしまいますよね。


リンパマッサージが効果的ですが、料金や時間の関係でそうそう気安く通える人はあまりいないでしょう。


メディレギンスの着圧がほどよく脚のツボを刺激して、眠っているうちにリラクゼーション効果をもたらしているのかもしれません。


足先が冷たくなることが多かったのに、今はそれがない


メディレギンスの良い口コミで意外なものがこれでした。


着圧と伸縮性が程よいマッサージ効果を与えているのでしょうか、足先までポカポカしだして寒がりさんでも辛いと思うシーンが減っているようです。


中には脚やせはもちろんのこと、体重も7kgほど減ったという素晴らしく良い口コミもありました。


長く継続的に着用することで、着実に効果が得られるのがメディレギンスのようですね。



公式サイトには、このように実際に片足だけ履いてみた様子が掲載されています。メディレギンスを履くとどうなるのかグンとイメージしやいですね。


 ⇒ メディレギンスの実際の脚痩せ画像付きの口コミを見てみる

メディレギンスを買うなら安全かつ最安値の公式サイトで!

メディレギンスのような人気・品薄商品は公式サイトから購入するのが絶対に安全だと断言します。


先ほどちらりと触れましたが、メディレギンスの正規価格は7,980円で、決してお安いとは言えない…というか、レギンスとしては高価です。


しかも品薄状態が続いているため、出品・出店者が玉石混交状態のネットショップの中には類似品やニセモノを正規品と偽って送付するという悪徳業者もいます。


あまりに安すぎれば警戒もできますが、裏をかかれて正規価格とほぼ同じ価格で出品されると、消費者としてはもうどのように判断していいのかわかりませんよね。


実は、公式サイトでは単品購入の場合でも気軽にお試しできるように正規価格の半額である3,990円+送料700円で購入ができます♪


これなら、メディレギンスのサイズ選びに少し不安がある人でも、最初の一枚でお試ししてみることが出来ますね。


もちろん、毎日履く、半分下着のような面もあるという商品の性質を考えると最初から洗替えも考えて数枚のセットを購入するのがお勧めです。


3枚セットであれば通常価格23,940円のところ、半額以下の11,900円かつ送料無料です。


さらにお得なのは5枚セット(+1枚プレゼントなので、実際には6枚セット)で、通常価格47,880円のところ、19,900円の特別価格です。


1枚あたりに換算すると3,317円程度なので、58%以上の割引が受けられます。


ということで、3枚あれば洗い替えとしては十分かもしれませんが、さらに最安値で購入できるのが5枚セット(実質6枚セット)ということになりますね


6枚もあれば、天候不順などでお洗濯が出来なかった時にも余裕です。


これほど安心・安全かつ低価格を実現しているメディレギンスの販売サイトは、他にはないので、購入される際には公式サイトを経由されることを推奨します。

 ⇒ メディレギンスをお得に手にいれるにはコチラから


※価格表示は全て税抜きです。
※価格やサービスは予告なく変更になる場合がありますので必ず公式サイトでご確認ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする