【ヒートケア60】低温ドライヤーはクセ毛もスタイリングしやすくなります♪

ヒートケア60低温ドライヤーならクセ毛や剛毛タイプでもすんなりスタイリングしやすい髪質に変化させられますよ♪

もう朝の髪の爆発は体験したくないあなたに…
▼ ▼ ▼ ▼ ▼


今回ご紹介するのは【ヒートケア60低温ドライヤー】という髪をケアするドライヤーです。

もう7年くらい前に「低温トリートメントドライヤー」という名前で販売されてから今でも愛用者続出の人気ドライヤーです。私自身も2・3年前に購入し今でも現役で頑張ってもらっています。

最近リニューアルし「ヒートケア60低温ドライヤー」という名前に変えて、製品の箱などもグンとイメージアップ♪

でも、高温のドライヤーに慣れている方にとっては低温の温風で本当に乾くのか気になっている人もいるかもしれませんね。

詳しく見ていきましょう!

ヒートケア60低温ドライヤーとは

元々はヘアモデルさん達の撮影現場で使うために開発されたプロ仕様のドライヤーだったんです。

私は直接そういう現場には行けませんが(笑)、テレビのドキュメンタリー番組とかでそういう現場の状況を見たことがあります。

ヘアモデルもファッションモデルも撮影現場やショーの現場は大忙しですよね。同じ人が次々と着替えたり、場合によってはセットした髪を洗って乾かしてすぐにセットし直したり…。

そんな時に大活躍するドライヤーは、髪をケアしながら大急ぎで乾かせる能力が必要ですね。そういう現場で使っているドライヤーですから、モデルさん達も気になって自宅でも使いたいとなるわけです。

それで家庭でも使えるように更に改良してできたのが「低温トリートメントドライヤー」というドライヤーでした。

でも、ただ低温というだけだと冬はブルブル震えるんじゃないのとかいう不安を感じたり正しいイメージが起きにくいというのもあったようですね。

そこでズバリ60度の温風だよってわかるように名前もリニューアル。

つまり、低温と言っていますがあくまでも一般的なドライヤーの平均的な温度の90~100℃と比較すると低温という意味ですね。

実際、ヒートケア60低温ドライヤー(低温トリートメントドライヤー)は60度の温風です。

私達の体温の平均は36度くらいだし、お風呂も38度から40度くらいのに入りますから十分温かいというか熱いくらいですね。なので冬でもブルブル震えながら使うということはありませんのでご安心ください。

髪がやけどしない、髪も地肌にも優しい温度のヒートケア60低温ドライヤーについてこの後詳しくご紹介しますね。

髪をケアするドライヤーの詳細はコチラ
⇒ ヒートケア60低温ドライヤー

ヒートケア60の口コミはどんな感じ?

まずは、ヒートケア60低温ドライヤーを使っている人達の口コミを見てみましょう。

最近、ヒートケア60低温ドライヤーにリニューアルしたのでまだどちらかというと低温トリートメントドライヤーとしての口コミの方が多いですね(私自身も低温トリートメントドライヤーのまま愛用しています)。

「大きいので収納に困っちゃう」

「近くの量販店で売っていないので手軽に買えない」

「低温なのに早く乾いて、これまでのドライヤーの半分の時間で乾かせるので感動しました」

「一般的な女性用のドライヤーのように折りたたむことが出来ず大きめなので重いかなと心配でしたが、全然重さが気になることはなく使っていて疲れません」

「乾かした後の髪って乾いているのに水分はしっかりキープしている感じでパサパサしないのでしっとり艶々って感じです♪」

そうなんですね。ヒートケア60低温ドライヤーはヤマダ電機とかエディオンとかには無くWEB限定商品なんです。でも、そんなしょっちゅう買い換えるものじゃないので私は気になりませんでした。

大きいというご指摘もまさにごもっとも。笑

私の場合は、届いた時の箱をそのまま収納ボックスにして洗面台の上に乗せています。

また、なぜ一般的なドライヤーのように折りたたみ式じゃないのかというと、実際問題この折りたたむ部分から壊れるという事例が多いそうなんです。そこでそこに負荷をかけないよう、いつまでもちゃんと使えるように折りたたみ式じゃなく美容院でよく見かけるようなガシッとしたデザインなんですね。

私のレビュー(低温トリートメントドライヤー)

私は2・3年前に当時の低温トリートメントドライヤー、今で言うヒートケア60低温ドライヤーを購入しました。

それまでずっと数千円の安いのしか使っていなかったので買うのには勇気が入りました。笑

でも、気になってこのドライヤーのことを色々と調べていた時に幸か不幸か安物ドライヤーの調子が悪くなってしまったので、買い換える時に思い切って購入!

結論 : 低温ドライヤーにして正解でした♪

くせ毛や剛毛でもスタイリングがうまくいく♪

実は、私はどちらかというと髪の量が多くしかもごわつく感じの剛毛タイプに近い髪質。しかもくせ毛というなんとも悩ましい髪の持ち主です。

なので本当はショートヘアが好きなんですが、ショートにするとしっかりと髪を乾かして寝ても、朝起きると髪が爆発状態となってしまい、その変な寝癖を直すのも一苦労なんです。

それで、髪が長くなってもなかなか短く出来ずにいたりしたのですが、、このドライヤーにしてからはその悩みから解放されました♪

もちろん、使ってすぐじゃないですよ。でも、じわじわっと、、3日目の朝だったかな?朝起きても「ば、、爆発してないっ♪」という感じで感動したのを覚えています。

初期不良で新品と交換してもらいました

そんな頼もしいドライヤーだったのですが、運が悪いことにスイッチのところが壊れてしまいました。もしかすると息子も使っているので力任せにスイッチの切替するものだから壊れたかも…ですが、販売元の髪美人育成プロジェクトさんに相談したら修理じゃなく新品と交換してくれるとのこと。

しかも、先にこちらの不良品を送るのではなく、髪美人育成プロジェクトさんから新品を送ってくれて、それを実際に使ってみて大丈夫なのを確認したら壊れたドライヤーを返品するというシステム。

返品するのも着払いの伝票付きなのも嬉しかったです。(つまり私の負担無し)

せっかくなので、2つの新旧ドライヤーの記念撮影。笑

工業製品ですからどうしてもたまに当たり外れがあるというか不具合があるのはしょうがないですね。でも、そういう時にも、こちらから送ってそれを修理してそれを送り返してもらうという方法だと軽く1ヶ月とか使えない時期が出来るわけです。

それを髪美人育成プロジェクトさんの場合は、こちらを信頼して最初に新品を向こうから送ってくれ、その調子を確認してから不具合のあるドライヤーを返品するシステムを採用してくれていて、いたれりつくせりだなって思いました♪

久しぶりに前のドライヤーを使ったら、、

新しいドライヤーが届くまでの間、不具合が出た前の安いドライヤーを使ってみました。

「あ、、熱いっ!!」

すっかり60度の低温ドライヤーに慣れていた私は、こんなに熱かったのかとビックリしました。

そうそう、久しぶりに美容院にも行ったのですが、美容院のドライヤーをかけられた時も、、

「あ、、熱いっ!!」

しかも自分の自由に出来ないし、、一応、熱いと伝えたら少し離してはくれましたが、、このふたつの出来事から、本当に低温ドライヤーの良さをしみじみと再確認できました。

あ、でも、世の中には人気が出るとどうしても類似品が出てきます。実際に低温ドライヤーも出てきているようですが、ただただ温度を下げただけのもあるので注意が必要です。

低温の60度という温風で、かつマイナスイオンを髪にまんべんなくふりそそぎ、しかも短時間で乾かせるのはヒートケア60低温ドライヤーですよ~♪

次に、なぜヒートケア60低温ドライヤーが低温の温風なのに早く乾くのかご紹介しますね。

低温でも風量が凄いから速乾タイプで髪に優しい

ヒートケア60低温ドライヤーは、髪や地肌がやけどしない温度60度前後の温風で乾かします。

一般的なドライヤーの温度の平均が90度から100度で、中には120度の熱風のドライヤーもありますから、かなり低い温風ということになりますね。熱風で乾かすというイメージのドライヤーですが、はたして60度で大丈夫なのか心配になる方もいらっしゃると思います。

ヒートケア60低温ドライヤーの場合は独自のファンシステムで大風量を実現し、髪全体にまんべんなく温風を行き渡らせることに成功しました。

つまり、髪に風があたる面積が広いので素早く乾かせます

さらには、髪にある程度近づけてもヤケドの不安が少ないし、熱くないので従来のドライヤーのように小刻みにドライヤーを左右に振りながら風をあてる必要は無いのでさらに髪全体に常に大風量の風を当てられます

私も従来のドライヤーを使っていた時は、早く乾かしたくって「ターボ」モードにしてガーッと髪に当ててましたが、熱いのでドライヤーを持った手を小刻みに揺らしながら熱風を一点集中させないように気をつけながらかけていたので手も疲れました。笑

でも、低温トリートメントドライヤー(今のヒートケア60低温ドライヤー)は、60度の温風だし、大風量でしかもまんべんなく髪全体に風を行き渡らせるのですっごく楽ですよ~♪

ということで速乾ドライヤーと呼ぶ人もいるくらいです。

髪の毛って、実は150度くらいまでの熱風に耐えられるようなのですが、実際に髪にドライヤーを当てる時って濡れている髪ですよね。

触れている時だと髪の耐えられる温度は60~70度ほどの温度ぐらいまで下がってしまうそうです。

水分に熱風を当てると一気に熱くなりますからね。そうなると「熱いっ!」と感じるだけじゃなく、髪の毛の水分も一気に蒸発しがちです。

つまり、髪の毛に閉じ込めておきたい水分まで蒸発してしまうのでパサパサ髪になりがちです。

その点、ヒートケア60低温ドライヤーなら60度ほどの温風なので髪も地肌も安心だし、ほどよい水分を髪の毛の中に残したままサラサラっと乾かすことが可能になります。

なので、ヒートケア60低温ドライヤーの口コミにも出てくるのですが、髪の毛に艶が出る「天使の輪」のようなものも作れると評判も良いんですよ♪

amazonや楽天でも買えるの?

街の量販店、ヤマダ電機とかコジマ電気、エディオンが近くにあるのですが、ついでにイオンスーパーやアピタの家電コーナーでもチェックしましたが、ヒートケア60低温ドライヤーの販売店はありませんでした。

ヒートケア60低温ドライヤーはWEB限定の通販で手に入ります。

それなら、普段使うamazonや楽天市場にあれば人によってはポイントも貯まってるし使いやすいですよね。ということで調べてみました。

が、、ヒートケア60低温ドライヤーは公式サイトでのみの販売となっていて、amazonにも楽天にも取扱店はありませんでした。このことは私が低温トリートメントドライヤー時代に購入した時も、今も変わりません。

髪美人育成プロジェクト

公式サイトは、髪美人育成プロジェクトという会社が運営しています。髪美人育成だなんて、ちょっとウキウキする名前ですね♪

そして、ヒートケア60低温ドライヤーが出来る前から美髪のために開発・販売されていたのが…
⇒ 美容室のケアが自宅で簡単にできる7日間髪美人セット

38℃で髪に浸透する、これまでにないシャンプーとトリートメントで、5つのツールが入っているので誰でも簡単に自宅でプロのヘアケアが体験できるように工夫されています。

・髪の傷みに悩んでいる方
・ノンシリコン商品である
・オーガニック成分を使用した商品である
・7日間で結果がでる
・安価で購入できる
・日々の入浴で利用するお湯の温度38℃を利用することで浸透率がアップ!

という特徴があるプロのトリートメントが体験できる7日間のヘアケアプログラムで、こちらはもう13年以上ものロングセラーなんですよ♪

忙しくってなかなか美容院に行けない人でも、自宅でいつもの入浴タイムにプロのケアが出来るのがうれしいですね。

ヒートケア60低温ドライヤー通販情報

ヒートケア60低温ドライヤーは、量販店やスーパーの家電コーナーにも、またamazonや楽天を始めとするネット通販サイトにも取扱店はありません。

髪美人育成プロジェクトの公式サイトでのみ通販出来ます

というのも、途中に別のショップ等を介さずに、何かあった時にも迅速に対応できるように自社内でのみ取扱うようにしているようですね。

万が一保証期間内、一年以内に故障した場合には修理対応ではなく新品への代替品を届けてくれ、しかも新品の送料も、故障したドライヤーの返品送料も髪美人育成プロジェクト側の負担です。

こういうことを迅速にしてくれるのも、自社完結で取り扱っているからなんだと思います。公式サイトを見ると、購入後の故障・修理受付のページへの移動もすぐに出来るように分かりやすく工夫されているのも好感が持てています。

ここでヒートケア60低温ドライヤーの通販情報をご紹介します。

ヒートケア60低温ドライヤーの仕様

■品名 ヒートケア60 低温ドライヤー
■電圧 AC100V/50-60Hz
■コード 1.9m
■消費電力 1200w
■付属品 ノズル1個
■温風温度 HIGH/60℃ (周囲温度25℃/距離10㎝)
■安全装置 温度過昇防止装置
■寸法・重量 225×85×215(㎜) 420g (電源コード除く)

今なら美髪に導く3つのツールを無料プレゼント中

今、改めてヒートケア60低温ドライヤーの公式サイトを見てみてビックリ!

なんと、今だけ特別に低温トリートメントドライヤー購入時に

■速乾・吸水ヘアタオル
■60度でケアするヘアエッセンス
■小冊子「低温ドライヤーで10倍美髪になる方法」

これら3つが無料で手に入ります♪

予告なくこれらの特別プレゼントは配布を終了することがありますので気になっている方は今がチャンスですね。

【速乾・吸水ヘアタオル】

速乾・吸水ヘアタオルは通常価格1000円もする高級タオルですが無料でプレゼントしてもらえます。

髪専用に作られた特殊繊維のヘアタオルで7倍もの起毛によって速乾が楽しめるタオルです。ドライヤーを掛ける前に軽くタオルドライするべきですが、このヘアタオルを使えばさらに効率よくドライヤータイムを時短できそうですね♪

ドライヤーをかける前に必須のタオルドライですが、ゴシゴシやっちゃうと髪の大切なキューティクルをボロボロに剥がしてしまう危険があります。

そこで、このヘアタオルを利用すると髪に負担をかけずに髪の余分な水分をしっかり吸収できますよ♪

【ヘアエッセンス】

ヒートケア60低温ドライヤー専用に作られた美髪エッセンス。通常価格4980円ですが、こちらも無料でプレゼント中♪

ドライヤーの熱で髪のケアするヘアエッセンスを既に利用されている方もいらっしゃると思います。でも、一般的な高温の熱風で乾かすドライヤーではせっかくの美容成分も壊れてしまいがち。

そのため、せっかく高価なヘアエッセンスを購入してもその良さを実感できないという声が多かったのです。

そこで髪美人育成プロジェクトでは、ヒートケア60低温ドライヤーの設定温度の60度で、このヘアエッセンスの成分が一番効率よく効果的に発揮出来るように厳選した美容成分を配合して作られています。

高級スキンケアクリームに配合されているよりもふんだんに美容成分を配合しているので、ダメージケアのレベルが格段に違ってきますよ♪

これまでのヘアエッセンスに満足できていない人にこそお勧めといえるかもしれませんね。

先程の速乾ヘアタオルとこのヘアエッセンスを使うことで更にヒートケア60低温ドライヤーの良さが倍増しそうですね。

小冊子「低温ドライヤーで10倍美髪になる方法」

乾かす時間は半分なのに、楽して美髪になれる方法とはどんな方法なのか、ヘアモデルだけが知っているドライヤー術を大公開中♪

この小冊子、、実際にはスマホやパソコンで読める電子ブック(PDFファイル)ですが、10分で読めるように工夫されていますので、忙しいあなたでも安心です。

ヒートケア60低温ドライヤーをご注文された後に電子メールでプレゼントされます♪

ヒートケア60低温ドライヤーの価格

気になるヒートケア60低温ドライヤーの価格は現在、24800円(税抜)、送料が500円かかります。

有名某メーカーの高機能ドライヤーと同じ価格帯ですね。でも、低温の温風で…というところからも考えると、ヒートケア60低温ドライヤーの方が更に高機能かも♪

さらに、今なら3つの豪華なプレゼントまで付いてきます!(くれぐれもプレゼントは、いつ終了になるか分からないので予めご了承ください。必ず公式サイトでご確認ください

マイナスイオンも温風と一緒に放出されまんべんなく髪全体に行き渡ります。

でも、、、

ネット通販だと直接手に出来ないので何かと不安も出てきますね。

ヒートケア60低温ドライヤーの3大保証

そこで髪美人育成プロジェクトでは、以下の3つの安心保証をつけています。

■30日間返金保証
■365日品質保証
■初期不良新品交換保証

これら3つの保証による返金や交換等の申請はインターネットを通じて出来るのでお忙しい人でも安心して24時間いつでも出来ます。

しかも、この30日間返金保証って凄いんです!

なんとヒートケア60低温ドライヤーを使って30日以内に「髪が変わったね」と誰からも言われていない…というような内容でも返品して全額返金してもらえるというビックリ制度です!

自信がないと出来ない制度ですね。

実際、私も使い始めて数日で満足したので、この自信には納得できます。

そして、購入から一年以内の故障の場合には、修理対応ではなく新品との交換というのも嬉しいポイントです。私の場合もスイッチのところに不具合が出て早速新品と交換してもらえました。その交換したものは、すでに2・3年経過していますが毎日家族3人で使っていてその後全く問題はおきていないです。

工業製品なのでどうしても当たり外れがあるという語弊がありますが、なかには調子が悪いのも出てきてしまうものなので、そういう時に中途半端に修理してもらうより新品と交換してくれるのはものすごく嬉しかったです♪

また、購入から1年が過ぎた後でも、4年以内なら故障の有無にかけなく特別価格4980円+送料500円で新品に交換してもらえる制度もあるんですよ♪

※この有償交換に関する条件や金額等も予告なく変更になる場合がありますので必ず公式サイトでご確認ください。

お支払方法

ヒートケア60低温ドライヤーのお支払方法についてですが、インターネットでの買い物に抵抗がある人の理由に、クレジット決済はしたくないということも挙げられます。

その点、髪美人育成プロジェクトでのお支払方法は、

■クレジット決済(手数料無料)

■コンビニ支払い(手数料432円)

■代金引換(手数料無料)

この3つの中から選べるので、あなたのお好みに合わせられます。

私が低温トリートメントドライヤーを購入したときには代金引換しか取扱がなく、クレジットがあれば良いな~と思ったので、そのことを考えても今は便利になりましたね♪

あなたもヘアモデルさん達も愛用しているドライヤーでスタイリングを決めてみませんか?

髪をケアして美髪に導くドライヤーの詳細はコチラ
⇒ ヒートケア60低温ドライヤー