ピンキープラウドの口コミから分かるデリケートな悩み解決方法!

ピンキープラウドは塗るだけという簡単な使い方なのに、しっかりとデリケートゾーンのニオイや黒ずみのアンダーケアができると口コミされている商品です。


実はデリケートゾーンって洗い過ぎは却って逆効果!ピンキープラウドの正しい使い方を始めた人から実感する人が続出中です。


 ⇒ ピンキープラウドを早速チェック


画期的?眉唾?ピンキープラウドの口コミから検証

例え友達であっても気軽に相談できないデリケートゾーンのお悩みに関する商品として、ピンキープラウドが注目を集めています。


美容商品の情報収集と言えば、まずはアットコスメをチェックするのが半ば常識となてきていますね。そこで早速ピンキープラウドの口コミをアットコスメでチェックしたら、評価も7点満点中5.8と上々でした。


アットコスメではレビューがやや少ないので、他のネット投稿などからも気になるピンキープラウドの口コミを紹介します。

ピンキープラウドの高評価口コミ

ピンキープラウドの効果を実感できてるという口コミとしては、基本のニオイや黒ズミの軽減が挙げられています。


デートに限らず温泉施設などでの更衣室で神経質になる必要がなくなったというものが多数を占めていましたよ♪


このように、ニオイを抑える商品だと皮膚への刺激が強そうに感じて不安になりがちです。


でも、ピンキープラウドって敏感肌の人でも安心して使えるように開発されたそうですよ。


しかも、天然ローズの香りも高貴な感じなので、デリケートゾーンを必死にケアしているというよりは優雅にお肌の手入れをしている気分に浸れます。


可愛らしいピンクのパッケージに、ボトルには同色のストライプと見た目もガーリーでおしゃれ。


デリケートゾーンだけではなく脇の下やバストトップにも使えるのも高評価の理由です。

ピンキープラウドの低評価の口コミ

残念なことに少数ながらよくない口コミもありました。でも、考え方や対処方法があるのでご紹介します。


まず、「ピンキープラウドの石鹸の方が素手での泡立ちが良くない」という口コミがありました。


これに関しては泡立てネットを活用すれば難なく解決します。


また、「即効性がなく効果が表れるまでに時間が掛かる」という口コミ。これも、少し考え方を変えればピーリングでもしない限り黒ズミがいきなり真っ白になるとは常識では考えられないので仕方ないでしょう。


でも、デリケートゾーンをピーリングだなんて考えたくないですよね。なので、多少時間はかかりますが自然な感じにじっくり対策できるピンキープラウドがお勧めです。


もしかすると少しずつ長い時間をかけて変化していくのが普通なので、その変化に気づけなないというのもあるかもしれません。


 ⇒ ピンキープラウドの口コミをさらに読んで見る

ピンキープラウドを効果的に使うポイント

ピンキープラウドは石鹸で殺菌し、美容液で整える理想の2本建て商品です。せっかくなら上手な使い方をして少しでも効果を実感していきたいですね。

効果を実感しやすくなる使い方

効果的な使い方として挙げられるのは、石鹸はよく泡立てて肌になじませた後はすぐに流すのではなく2~3分後に流した方が殺菌成分が浸透しやすいということ。


もうひとつは、美容液を使用する際にはまず手の平でくるくると人肌温度くらいにまで馴染ませてから、気なるところに塗り込むと肌馴染みと浸透効果が一段と良くなる、という点です。


美容液はお風呂から上がって、水滴をよく拭き取り、かつ乾燥しないうちに塗布するのがベストタイミング。


生理中は最もデリケートゾーンが敏感になってしまう期間ですが、ピンキープラウドは生理中でも問題なく使えるのも嬉しいポイントです。


デリケートゾーンに限らず、ニオイや黒ズミの気になる脇の下やバストトップ、ヒジ・ヒザに使用しても問題ありません。

注意したい間違った使い方

間違った使い方で特にやりがちなのは、石鹸を使用したときに汚れを落とそうとして力強くゴシゴシと洗ってしまうという点です。


デリケートゾーンに限らず、黒ズミが気になる場所は非常に傷つきやすいです。


まさにデリケートな状態のところを力を入れてしまうと摩擦やその熱で肌が傷つき、余計に黒くなる原因になってしまいます。


美容液も浸透させようと強く塗り込めるようにしてしまうと同様の間違いに繋がりますので、あくまでそっと優しくを常に心がけて使ってください。

ピンキープラウドの効果はここから生まれる

ピンキープラウドの効果を支えるのは配合されている成分なので、どのような成分がどんな効果をもたらすのか、ご紹介します。

蒸れ&かゆみ対策

ピンキープラウドの石鹸に含まれるイソプロピルメチルフェノールはニキビケア用品にも使用されるほど殺菌力と抗炎症作用があります。


また、濃グリセリンをはじめとする保湿成分を多数配合することで、乾燥による痒みを防ぎます。


美容液にもグリセリンの他アボカド油、ホホバオイルなど植物由来のオイルが多数含まれ、アルカリ性に傾いてしまった表皮を弱酸性に戻します。


石鹸と美容液の相乗効果で殺菌・洗浄により蒸れを抑え、保湿と保護によりかゆみを軽減することになります。

どうしてニオイ対策が可能なの?

ピンキープラウドにはたくさんの植物由来の成分が配合されていますが、注目すべきは「ジャムウ」。


聞き慣れない人もいるかもしれませんが、インドネシアで大昔から改良を積み重ねられた、ハーブの組み合わせです。美容効果が大変期待できるほか、嫌なにおいをブロックする作用もあり、デリケートゾーンのケアにピッタリ。


他にもスッキリ成分のセイヨウハッカ葉エキスなど、香りづけだけに留まらない配合が魅力です。

副作用はある?ない?真相はこうです!

ただでさえケアに神経を使うデリケートゾーンなのに、ピンキープラウドを使って副作用が出てしまったら目も当てられません。


そこで副作用をはじめ、ピンキープラウドを使用する際の危険性について検証してみました!

添加物は不使用で安心♪

ピンキープラウドにはパラベン、鉱物油、タール系着色料、石油由来合成界面活性剤を排除しています。


少しでも体に危険が及ぶ添加物は不使用なので安心してデリケートゾーンにも使えます。

副作用の報告は?

大きく体調を崩した、とんでもなく肌荒れをしたという報告はありませんので安心して問題ないでしょう。


ただし、肌が弱いと自覚している人は万全を期すために初めて使用する場合はパッチテストから始めることをおススメします。

アレルギーのある人は?

残念ながらアレルギーのリスクは100%除去できているとは言いでしょう。


例えば、石鹸の方にはレモンエキス、美容液にはベルガモット果実油、マンダリンオレンジ果皮油、オレンジ果皮油など、柑橘系のエキスがふんだんに配合されているため、オレンジアレルギーのある人は避けたほうがよいでしょう。


同じく、ダイズ油や大豆エキス、ダマスクバラ花油も含まれていますから大豆アレルギーやバラ科のアレルギーがある人も避けるほうが無難です。


他にもハーブ系のエキスが多いため、特定のハーブで気分が悪くなったり肌が荒れる人は全成分を確認してから購入するようにしましょう。

市販されてる?どこで最安値で買えるのか検証しました

ピンキープラウドはそもそも市販されているのでしょうか。


実は非常に人気がある商品なのに、薬局やドラッグストア、ドン・キホーテといった量販店では市販されていません。


市販されていないのなら通販限定の商品ということになりますね。


そこでピンキープラウドは楽天やamazonに販売店があるのかも調べてみました。


まだ販売間もないためでしょうか。現在のところピンキープラウドは楽天にもamazonにも販売店は存在していませんでした。


そんな時に頼りになるのが公式サイトですが、1ヶ月分の石鹸と美容液のセットで10,480円とかなり高額です。


しかし、公式サイト内でも毎月300名限定の「徹底ケアコース」(定期購入)であれば話は別!


初回は70%オフの3,144円で購入でき、2回目以降も20%オフの8,384円で購入できてしまいます。


初回プラス3回の継続、つまり4ヶ月の継続購入が条件となります。でも長期で丁寧にケアしていく内容を考えれば、特に縛りがきついわけでもありません。


実際に悩みの度合いにもよりますが根気よく続ける必要がありますが、それでもほとんどの方々は4ヶ月目頃には実感できたという報告があります。


根本的な肌質を改善するためにも、悩み解放にはターンオーバーの周期を考え少なくても半年は続けたいのがメーカーの本音です。


面倒くさそうな解約手続きも、荷物の到着指定日前10~15日の間に電話をすれば完了という簡潔さです。


通常購入するよりもはるかにお得なコースなので、悩み続けるよりも一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。


※価格は税別、送料別の表示です。


また、配達のときも、中身が宅配業者に分からない状態にしてお届けするのでデリケートな悩みを知られることはありません。


 ⇒ 安心してピンキープラウドを試してみる