リマーユプラセラ原液の口コミ情報!意外な使い方もご紹介

リマーユプラセラ原液の口コミは@コスメでも高評価!


何と言っても、やっぱり原液タイプなのが効果を実感しやすいからですね。


国産原料にこだわり抜いてたどり着いた高濃度プラセンタ&高濃度馬セラミド、更に高濃度馬サイタイエキスは、口コミ通りに私達の肌に馴染みやすくサラリとしたつけ心地ですよ♪

リマーユプラセラ原液の口コミはコチラからも読めます
▼  ▼  ▼  ▼  ▼



リマーユプラセラ原液の口コミはあの美魔女達からも好評♪

リマーユプラセラ原液の口コミというと、田中律子さんがfacebookで愛用しているのをはじめ、東尾理子さんや高岡由美子さんたちのように美しい芸能人もブログで絶賛しています。


その影響もあってリマーユプラセラ原液の口コミが広まり、キュートな見た目も手伝ってツイッターやインスタグラムにおいて芸能人だけではなく一般人も次々にレビューを投稿しています。


化粧品を購入する際に参考にする人も多いであろうアットコスメにも60件近くの口コミが寄せられているので、その中から悪評から好評のものまでいくつかご紹介します。

リマーユプラセラ原液の悪い口コミ

■肌が敏感になっている時にあえて使用。

肌荒れを改善してくれるのか気になり、実際に肌荒れの時に実験して使ってみました。でも付けた部分が熱っぽく感じて、しかも痒みまで出てしまいました。リマーユプラセラ原液に含まれるプラセンタは、稀にアレルギー反応を引き起こすことがあるようですよ。


■ケモノのニオイ!?

無香料といえば聞こえが良いけど、実際には馬から抽出したエキスをたっぷりと使っているためか、なんだか獣臭さを感じます。慣れればどうということ無くなりましたが、慣れるまではちょっと大変でした。

リマーユプラセラ原液の評判の良い口コミ

■伸びがよく、肌に馴染みやすい♪

馬プラセンタに興味があったので、お試し価格に魅せられリマーユプラセラ原液を購入してみました。動物性成分由来の化粧品なので、ニオイを警戒していましたが、全く気にならず拍子抜けしました。伸びの良いテクスチャで肌になじみやすく、しっとり感が続きます。メイクのノリも良くなったからか、久々に会った知人にメイク変えたの?って聞かれました。


■あまり期待せずに購入したんだけど…

肌の色を明るくすると聞いて、シミにも効果があればいいなと思って購入しました。3ヶ月ほど続けてみたところ、若干色が薄くなったような…?シミへの効果はイマイチわかりにくいですが、間違いなく肌のトーンはワントーン明るくなりましたよ。


※口コミ内容は著作権との兼ね合いから意味は変えずに文章のみを少し変えて掲載させていただきました。

リマーユプラセラ原液口コミのまとめ

ニオイについては気になる・気にならない人が分かれ、かなかなり個人差もありますね。ちなみに私は結構ニオイに敏感な方ですが、私にはどちらかというと無味無臭に感じました。あ、飲み物じゃないので無味は無いですね。笑


リマーユプラセラ原液は基礎化粧品なので、効果を感じるまで一朝一夕とはいかないようです。


ですが、長期間使用した人は高い評価をつけています。


また、どの化粧品でもそうですが皮フが赤くなって炎症を起こしてたり、発疹がある、傷があるといった場合には使用を控えたほうがよいでしょう。


アレルギー反応が心配な人は目立たない場所でパッチテストをしてから顔に使用した方が安心ですね。


 ⇒ >リマーユプラセラの口コミを更に読んで見る

私もリマーユプラセラ原液を使ってみました

私も馬プラセンタに興味があったのでお試ししてみました。



こんな可愛らしい箱に入って到着!



箱を開けるとリマーユプラセラ原液の口コミや使い方などが書かれたリーフレットが可愛いファイルに入っています。その下にはダンボールの紙なのにとっても上品に見える内装。



案内のファイルの中には何やらこんなカードが…。



開けたら立体カードになっていてこんな可愛いプレゼントの予告状でした♪



そして中の箱を開けるとちょっと輝かしい(笑)キラッと光沢のある緑の箱が現れましたよ。



中には、ちょっぴり白濁した感じのトロっとした液体が入っているのが確認出来ます。



でも、手のひらに取ると透明にも見えますね。



このようにボトルの蓋はそのままスポイト状になっているので、適量を取り出す事ができます。


ちなみに、このボトル1本で約2ヶ月分です。というのも、少量でもスーッとよく伸びてそのまましっかり浸透してくれるからなんですね。

敢えて汗疹のスネにつけてみたら…

リマーユプラセラ原液の悪い口コミの中に、敢えて肌荒れしたところにつけてみたら…というのがありましたね。


私は顔の肌荒れのときにはちょっと試す勇気は無いですが、幸か不幸か、急に猛暑になってしまい私のスネにあせもとまではいかないけれど痒くて思わず掻いたら赤くなってちょっとヒリヒリしていたのです。


実際に手にとってみて、とても優しい柔らかな感じがしたのでそのあせもみたいになったスネにつけてみました。


人によっては悪化する可能性もあるので、これはあくまでも自己責任でお試しいただきたいのですが、私の場合は肌の炎症がスーッと楽になりました♪


これは良い感じです♪


このあせもに何をつけようかと悩んでいたのでちょうど良かったです。


もちろん主目的は顔です。どちらかというと、顔につけた後に手のひらに残っていた原液をそのままスネにつけてみたというのが正確な表現ですが、直接最初からつけたいくらいの良い感じです。

意外なリマーユプラセラ原液の使い方

例えば、首周り、デコルテ付近って年齢が出やすいですよね。またヒジやヒザもくすみやすいのが悩み。


これから薄着の季節でデコルテとかヒジ、ヒザも出して過ごすことが増えるので気になります。


リマーユプラセラ原液には古くなった角質を肌代謝を高めるということで新しい健康的な角質になるのでスッキリとした見た目を目指せそうですよ♪


また基本的にはリマーユプラセラ原液は気になるポイントに使うものなのですが(そのため1本で2ヶ月持ちます)、顔全体に化粧水感覚で使うという贅沢な使い方も顔の雰囲気もグンと美容効果を感じられます。


また手元にも年齢が出やすいですね。手荒れを起こしがち、ガサガサしがちな指先に栄養を与えるつもりで顔につけた後、手のひらに残っている原液をそのまま両手でマッサージするように指先につけてみるのもお勧めです。

何が変わって、何が変わらないの?リマーユプラセラ原液のリニューアル後に注目!

以前にリマーユプラセラ原液を試したことがあるけれど、あまりピンとこなかったな…という方もいるかもしれません。


ちょっと待ってくださいね、実はリマーユプラセラ原液はリニューアルをして3点変わったところがあります。


一番大きいのは、従来から使われていた馬プラセンタと馬セラミドに加えて、馬サイタイエキスが美肌成分として追加された点です。


「サイタイ」とは母体からお腹にいる赤ちゃんへ栄養を運ぶ管=へその緒のことで、ちょっと前にも「臍帯血」などがCMでも取り上げられた記憶がある方もいるのではないでしょうか。


サイタイエキスにはアミノ酸を豊富に含むため、優れた保湿性を有する上、肌にすんなりと馴染むので付け心地が非常によくなります。


それだけではなく、美白作用や新陳代謝の促進、活性酸素の抑制など美肌・エイジングケアに欠かせない要素が満載です。


もう1点は、以前はさらりとしていて流れてしまいやすかったテクスチャに少々とろみがついたという点です。


リマーユプラセラ原液が垂れにくくなったことにより、ポイントケアがしやすくなりました。


実際の愛用者の口コミとして、「扱いやすい」と答えた人リニューアル前よりも2倍以上に増えています。


3つ目は中身の変更に合わせてパッケージもよりスタイリッシュにリニューアルされました。


イメージカラーのグリーンに統一されて、非常にインスタ映えする容器です。


一方でリニューアル後も一貫して変わらないところもあり、これはリマーユプラセラ原液の譲れない点でもあります。


まず、価格と容量は旧来のままなので、変更による戸惑いや購入しづらくなったといった不便性はありません。


最後に、一番大切なのは安全性ですが、旧来通りノンパラベン、無香料、無着色の方針は依然として変わりません。

豚プラセンタをなぜ使わない?馬プラセンタにこだわる理由

リマーユプラセラ原液に使用されているプラセンタは、馬プラセンタです。


一口に馬、と言っても様々ですが多くの検査をパスした北海道産のサラブレッドからのみ取れるプラセンタを使用、とこだわっています。


プラセンタというと豚プラセンタが広く認知されていますが、馬プラセンタは豚プラセンタとどう違うのでしょうか。


まず、馬プラセンタの方が含まれるアミノ酸の量・種類共に豚プラセンタよりも多い点が挙げられます。


ふっくらとして若々しいお肌に欠かせないコラーゲンの元はアミノ酸ですから、かなり重要なポイントだというのがわかります。


また豚よりも馬の方が、基礎体温が高く寄生虫によって汚染される心配が少ないので、安全性が高いと言えます。


「馬刺」はしょっちゅう見かけますが、豚は生で食べてはいけないことからも、非常に納得できます。


最後に、豚は1年に3回ほど妊娠と出産を繰り返しますし、一度に産む子豚の数も多いのに比べて、馬は1年に1度しか妊娠・出産をしない上に、産む仔馬は基本的には1頭のみ。


プラセンタは胎盤から抽出しますから、馬プラセンタは非常に希少価値の高いものだというのもわかります。


そして、リマーユプラセラ原液では馬セラミドと馬サイタイを使用しているのでプラセンタも馬由来のものを使用した方が親和性が高いのです。


 ⇒ リマーユプラセラ原液について更に詳しく!

リマーユプラセラ原液の基本的な使い方と意外な使い方

リマーユプラセラ原液は、他の化粧品と混ぜ合わせたりかっさでマッサージしたりといった面倒なステップは一切ありません。


朝晩の2回、洗顔後の清潔な素肌に直につけるだけ。


その後は普段通りの保湿ケアを行って、リマーユプラセラ原液の成分をしっかりと肌に閉じ込めておきましょう。


仕様目安量は、5~6滴、だいたい100円玉くらいの大きさと取扱説明書には書いてありますが、これは顔全体に馴染ませる分量です。


テクスチャーはとろみが強いので、目元・口元などのポイントケアに1・2滴塗って使用してもよいですし、重ねづけも〇


顔周りだけではなく、年齢サインが出やすい首やデコルテ周辺のケアや、ひじ・ひざのかさつき対策にも効果を発揮します。


色々な使い方があるので、あなたにピッタリの使い方を探してみてくださいね。

リマーユプラセラ原液のおススメ販売店はココ!

リマーユプラセラ原液は高品質な商品をできるだけ低価格で消費者に提供するためか、販売ラインをネット通販に絞っています。


市販されていないために街中で探すことは出来ません。しかもドラッグストアのオンライン販売店ではほとんど見かけることはありません。


公式サイトでは20ml入りのフルサイズ(1本で2ヶ月分)の定期購入が用意されています。


通常価格8640円ですが、定期購入を利用すると、初回購入時は50%オフで購入出来ます。しかも、便利なクレジット決済を利用すると、更に500円割引という特典もついています。


つまり約2ヶ月分が3820円!


なので、1ヶ月分を換算すると1910円になります。※ただし初回限定・一世帯1回限り


また今だけ定期購入の場合お試しサイズの5mlボトルが1本プレゼント&送料無料の特典と特典目白押しですよ♪


後払いや代金引換の場合には、クレジット500円引きは適用されないので50%オフとなって、4320円になります。


でもお試しサイズプレゼントと送料無料の特典はついたままです。


※価格は全て税込み表示です。

リマーユプラセラ原液の定期コースの解約はいつからOK?

定期購入というと、特にこういうコスメ系は定期のしばりがつきものですね。


最低でも3回とか5回は継続して購入するのが条件という「定期のしばり」で、その条件の回数分購入しないと解約ができません。


でも、リマーユプラセラ原液の定期コースは、初回半額という太っ腹企画にもかかわらず、この定期のしばりはありません。


つまり、初回購入だけでも解約は可能です。


と言っても、もちろんリマーユプラセラ原液の良さを実感するためには、やはり数ヶ月は使いつづけて欲しいところですね♪


リマーユプラセラ原液の口コミや詳しい通販情報はこちらからじっくり読めます。

 ⇒  リマーユプラセラの口コミを更に読んで見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする